wellbeing

PILATES

ピラティスインストラクターのための情報メディア

ピラティスインストラクターの年収はいくらか?稼ぎ方と働き方の選択肢

ピラティスインストラクターという職業に興味があるけれども、どれくらい稼げるのか、どういう働き方があるのかと不安に思う方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
この記事ではピラティスインストラクターになるにあたっての雇用形態によって変わる年収や働き方の選択肢について詳しく解説します。
今の仕事からのキャリアチェンジを考えている方、ピラティスが趣味の方、新しいスキルを身につけたいと思っている方、ぜひ参考にしてみてください!

ピラティスインストラクターの年収はいくらか?稼ぎ方と働き方の選択肢

ピラティスインストラクターの平均年収は?

ピラティスインストラクターの平均年収は、経験年数や、働く環境によって異なってきます。一般的には、約300万円前後と言われています。経験豊富で、かつ高いスキルを持つことで、500万円以上の年収を得る場合もあります。経験年数が上がることで店舗のリーダーや、海外資格の取得を目指すなど、スキルアップの仕方は多様であり、自身が貪欲な姿勢を持つことで、年収を高めることが可能となります。

ピラティスインストラクターの働き方としては、ピラティススタジオやフィットネスクラブの正社員だけでなく、フリーランス、個人でのスタジオ運営といった多種多様なスタイルで働くことができ、その環境によっても年収が異なります。ご自身に合った働き方を見つけ、効率のよい働き方でたくさん稼いでいる方もいるようです。

ピラティスインストラクターの働き方別年収分析

ピラティスインストラクターの年収は働き方によって異なってきます。ピラティススタジオやフィットネススタジオの正社員、フリーランス(業務委託)、個人でのスタジオ運営など、方法が様々です。

ピラティススタジオやフィットネスクラブの正社員

ピラティススタジオやフィットネスクラブの正社員は、ピラティスインストラクターの働き方として一番イメージしやすいのではないでしょうか?

ピラティスインストラクターの正社員は、初任給が都内では月20万円前後と言われています。正社員としてのポジションは安定した給与や福利厚生によって、最も安心感のある働き方と言えます。個人の頑張り次第で、キャリアアップ可能で、経験年数や個人の売り上げのよって徐々に年収がアップしていきます。

フリーランスピラティスインストラクター(業務委託)

ピラティスインストラクターのフリーランスとして働く場合は、ピラティススタジオやフィットネスクラブと1クラスごとの委託業務を契約します。

1クラス(約60分)の単価として、3,000円~5,000円が相場と言われています。フリーランスとしての働き方を選択するメリットは、自由度が高く、独自にクラスを運営できるところにあります。

ただし、フリーランスの場合は、収入はクラスの人数や料金によって左右され、不安定な場合もあります。

独立開業を選ぶピラティスインストラクター

独立開業をするピラティスインストラクターは、自己のスタジオを運営し、高い収入を得ることができます。場合によっては、年収は300万円以上にも達する場合もあります。

独立することのメリットは、自由なスケジュール管理や直接的なクライエントとのコミュニケーションがあります。自身のスタイルでピラティスを教え、クライアントのニーズに応えることができます。

しかし、独立開業はリスクがないとは言えません。安定した顧客層の獲得やビジネス運営のスキルが必須となります。そのため、充実したキャリアを築くためには、計画性と情熱が重要であるといえます。

ヨガをする女性

ピラティスインストラクターの収入向上

では、ピラティスインストラクターの収入を増やすためにはどのような方法や戦略があるのでしょうか?資格の取得やスキルの向上、さまざまな働き方の選択肢を活用することで、年収を向上することが可能です。いくつかご紹介します。

スタジオに努めて年収を増やす方法

大手のピラティススタジオの正社員として働きながら、スキルアップを重ねていくことで、ピラティスインストラクターの収入を増やすことができます。月収や年収が高いインストラクターに共通していることとして、インストラクターとしての人気が関わっています。

そして、大手のピラティススタジオには安定してクライエントが多く存在します。
適切な指導を求めるクライエントがいる職場環境で、高い専門的知識とそれに伴った指導法で、より効果的で満足感の高いレッスンを行うことが、年収を最大化できるステップアップ方法と言えるでしょう。

雇用形態を変え、より高い年収が見込める環境へチャレンジする

より高い年収を得たい方は、独立開業し自身が経営者として活躍することが最大の戦略と言えます。有名なピラティススタジオを作り、店舗を拡大することができれば高い収入を得ることができる仕組みです。

独立開業したスタジオでは、クライエントとの密接なつながりがメリットであり、クライエントのニーズに、より適応したレッスンを提供することができます。

とは言っても、自身の資格や経験に確固たるものを持つことが必要最低限です。自身の専門性を磨き、活かすことでより良いスタジオづくりができるでしょう。

ヨガをする女性

ピラティスの資格取得

ピラティスインストラクターを始めるにあたって、適切な資格を取得することでプロとしてのスキルを磨き、信頼性を高めることができます。

ピラティスの資格には『マットピラティス』と『マシンピラティス』があります。マットピラティスの資格を取得後は、マシンピラティスの資格も取得することができます。今では、マシンピラティスの普及率も高くなっており、両方の資格ととることがポイントとなります。色々な資格を持っていた方が、ピラティスインストラクターとして活躍の幅が広がりますね。

働くエリアを変える

都市部で働く場合、平均年収は全国平均よりも高い傾向にあります。少しでも多く稼ぎたい方は、都市部で働くことを視野に入れてもいいですね。ご自身に合ったバランスの良い働き方を見つけることが大切です。

まとめ

ピラティスインストラクターとして成功するためには、資格取得はもちろんですが、それ以上に人としての成長や多角的なスキルが必要不可欠です。後になって後悔しないように自分の目指すピラティスインストラクターになるためには何が必要なのかをよく考えて判断しましょう。

資格種類やその必要性、働き方の選択肢、給料相場についても触れましたが、最終的には「自分が何を得たいのか、何を成し遂げたいのか」によって、最適な道は変わってきます。一歩一歩確実に進んでいきましょう。この業界で成功する鍵は、常に自分自身を高め続けること、そして何よりもヨガという練習に対する真摯な姿勢です。

zen place

zen placeピラティス・ヨガメディア編集部

20年前からピラティス一筋、ピラティス専門で、世界中のピラティス指導者から学び続けているzen place。世界のピラティス業界のトップ指導者ラエル・イサコウィッツからBASIピラティスを学ぶ唯一の会社であり、世界のピラティスの標準を作っているBalanced Bodyのライセンスコースを提供している会社です。世界で一番最初に全米ヨガアライアンスを作った老舗のヨガ指導者養成スクールYogaWorksを運営しています。ピラティス・ヨガインストラクターや、これから目指す皆様に役立つ情報を提供していきます。

ENTRY応募は
こちらから