wellbeing

PILATES

ピラティスインストラクターのための情報メディア

ピラティスインストラクターとはどのような仕事?資格や向いている人に迫る

ピラティスインストラクターは、ピラティスのクラスを提供することやスタジオ運営を通して、人々の健康やウェルビーイングに貢献する仕事です。 必ずしも取得が必須ではないですが、ピラティス指導者資格を保有しているインストラクターは多く、体や心と体の繋がりに興味関心がある方が向いている職業だと言われています。

ピラティスインストラクターとはどのような仕事?資格や向いている人に迫る

ピラティスインストラクターとは何か?

ピラティスインストラクターは、ピラティスと呼ばれる解剖学に基づいた専門的なエクササイズを指導する専門家です。 クライアントの体力や柔軟性の向上や姿勢改善をさせ、最終的に体や心と体の繋がりへの興味を啓蒙する役割などを担っています。

ピラティスの基本を理解する

ピラティスは1883年ドイツ生まれのジョセフ・ピラティスが幼少期に患った喘息やくる病を克服するために、体操やダイビング、東洋医学や西洋の運動法や哲学などの影響をうけて創始された「全身」を鍛えるエクササイズです。単なる身体的なフィットネスではなく、ホリステックなアプローチであり生涯にわたるプロセスとなります。
専門器具もあり、スプリングや滑車で抵抗をかけることで、筋肉の収縮や伸張性収縮及び短縮性収縮を促し、筋肉の機能的な働きを活性化すると同時に安定させるための筋群を等尺性に働かせることで、正しい配置とアライメントを維持するように促します。
ピラティスの基本的な理論や技術を理解し、現場での経験を積むために、レッスン受講や練習を続けることで理解を深めていきます。

例えば、ピラティスのマットワークで代表的なペルビックカールは、骨盤を安定させ、土台となる脚でしっかりとマットを踏み込み、呼吸と連動させます。そして腰を天井に上げる、下げることを繰り返すムーブメントです。
仰向けになり、骨盤の両側にある上前腸骨棘(ASIS)と恥骨結合(PS)が同一平面上にある骨盤のニュートラルポジションをセットし、骨盤を後傾させます。骨盤を傾けることでマットにつけていた背中が腰から肩のラインで斜めになります。 背骨1つずつを流れるようなイメージで繊細かつ丁寧に動かし一直線にする過程で、日常では意識しない背骨の動きを感じ、腰の骨である腰椎を前後することで、腰痛改善にも効果があると言われているエクササイズとなります。
体への効果だけでなく、日常では意識しない背骨の動きを感じることで、自身を俯瞰して見つめ直し、頭がクリアになる、新しいことに挑戦する意欲が沸く機会となるマインドフルネス効果があります。

このような歴史的な背景を知るというピラティスの基本を理解することは、インストラクターとしてのスキルを高め、クライアントに効果的な指導を提供するために重要です。

ピラティスとヨガの比較

ここではピラティスと、よく一緒に名前があがるヨガを比較してみましょう。
ピラティスは約100年前にドイツ生まれのジョセフピラティスさんが幼少期に患った喘息やくる病を克服するために、 体操やダイビング・東洋医学・西洋の運動法・哲学などの影響をうけてつくったリハビリムーブメントです。 一方でヨガは5000年以上前にインドで感情の波をコントロールする修行の一環から始まったもので、ヨガのポーズや哲学が注目されている昨今ですが、 当時は「悟り」を開くことが最終ゴールで誕生しました。両者に共通することは、心と体に良いと点と呼吸と動きを連動する点、全身のトレーニングである点、 集中力とコントロールが必要な点、柔軟性の向上や姿勢改善の効果がある点です。
それぞれのメリットについて触れたいと思います。
ピラティスはコアの強化や筋力と柔軟性の向上・姿勢の改善・集中力とコントロール・低負荷なトレーニングという点があります。

効果 詳細
コアの強化 ピラティスは特にコア(体幹)の強化に焦点を当てており、姿勢改善やバランス感覚の向上が期待できます。
筋力と柔軟性の向上 ピラティスは全身の筋肉を効果的に使い、筋力を向上させると同時に、柔軟性も高められます。
姿勢の改善 ピラティスは正確な姿勢を重視するため、日常生活における姿勢改善に繋がります。
集中力とコントロール ピラティスは動きを正確に制御することが求められるため、集中力を高める助けになります。
低負荷なトレーニング 怪我のリハビリテーションの一環として開発されたため、低負荷ながらも効果的なトレーニング法になります。

一方でヨガは心身のリラクゼーションや柔軟性と筋力の向上、呼吸法の向上、バランスと姿勢の改善、内臓の健康という点があります。

心身のリラクゼーション ヨガの呼吸法や瞑想は心身のリラクゼーションやストレス解消に効果があります。
柔軟性と筋力の向上 ヨガのポーズやストレッチは筋肉を伸ばし、柔軟性を高めます。また、一部のポーズは筋力を鍛える効果もあります。
呼吸法の向上 ヨガの深い呼吸法によって、体に酸素を効率的に取り込み、リラックスした状態を促します。
バランスと姿勢の改善 ヨガはバランス感覚を高め、姿勢を改善する効果があります。
内臓の健康 ヨガの一部には内臓を刺激し、消化や代謝を改善するポーズが含まれます。

ピラティスとヨガの違いの詳細はこちらを参照ください。
https://www.zenplace.co.jp/column/pilates/670.html

ピラティスインストラクターの役割と仕事内容

ピラティスインストラクターとして日々のレッスンやコミュニケーションを通し、より体への興味関心が高まり、心と体の繋がりを感じ、よりよく生きるサポートをすることが大きな役割になります。そのため、 日常的に解剖学などの専門知識や体をみる力を養い、クライアントとのコミュニケーションを通して、ライフスタイルや悩みなどの課題にあったプランを提供することが大切な仕事になります。 また、ピラティスはマットのエクササイズだけでなく、専門器具を使用したマシンのエクササイズもあるため、トレーニング中に怪我が起きないように、適切な指導とモニタリングが重要です。
また、ピラティスを通して単なる体を動かす場を提供するだけでなく、ポジティブ思考や新しいアイディアの創出、肩の力を抜いて楽観的になるサポートもします。
よって、傾聴力やリーダーシップ、多様な価値観を受け入れる力を磨き、継続的に学び、自己成長を促進していく必要があります。
専門職のため、業務やエクササイズを覚えたら終わりではなく、日常的最新の情報の入手や専門的な知識をインプットし、学び続ける姿勢が必要な仕事になります。

ピラティス

ピラティス実技以外で求められること

ピラティスの技術的な部分以外では日常的に、クライアントとコミュニケーションをとる仕事になるため、コミュニケーション力などの人間性が非常に求められます。
ピラティスを通して単なる体を動かせる場の提供だけではなく、ポジティブ思考や新しいアイディアの創出、肩の力を抜いて楽観的になるサポートを行います。その為には、傾聴力やリーダーシップ、多様な価値観を受け入れる力を磨き、継続的に学習する自己成長を促進していく必要があります。また、スタジオは1つのチームのため、チームワークを通して成果を上げる意識も非常に重要です。

ピラティスインストラクターになるためのに有利な資格

ピラティスの理論・解剖学・運動生理学・教育法などを網羅的に学ぶために、専門的なトレーニングプログラムに参加する必要があります。
資格は、認定団体や協会によって基準が異なり、basiやBalanced Body・Peak・Polestar Pilates・BESJ・IBMA など複数あります。

例えば、basiの場合は、1989年にRael Isacowitzによって設立され、世界最大のピラティス専門プログラムの提供者として業界の基準を築いています。
本部は南カリフォルニアのニューポートビーチにあり、全米および40カ国以上で活動しています。創始者のRael Isacowitzは30年以上にわたるトレーニング経験を持ち、 ピラティスの進化をリードしてきました。30年以上の実績を持つBASIピラティスは、ピラティス法のオリジナルスタイルに科学的知識やスポーツ・ダンス・ヨガの経験などを組み合わせた独自の手法を提供し、 その機能的な美しさは世界一と評されています。
参考:
BASIピラティスインストラクター資格養成スクール|米国最大級のピラティス教育で世界で活躍できるインストラクターに (pilates-education.info)
BalancedBodyは、ピラティスマシンとピラティス教育の世界最大のネットワークを持つピラティス企業です。 長年にわたり、世界をリードするピラティスの教育者と共に、フィットネス業界・医療界・スポーツ界、そしてピラティス愛好家に、 質の高い教育 を展開しています。バランスドボディのマスターインストラクター、マニュアル、ビデオサポートは、業界でもトップクラスです。
参考:
バランスドボディなら即ピラティスインストラクターに | ピラティスマシン世界シェアNo.1のバランスドボディ (balancedbody.co.jp)
スタジオによっては昨今、ピラティスの資格だけでなく、理学療法士などの資格保有が有利になる傾向があります。

ピラティスインストラクターに向いている人の特徴

ピラティスインストラクターに向いている人は、ピラティスに対する情熱や興味があり、周囲に伝えることにやりがいを感じることができる人などがあげられます。
また、クライアントとのコミュニケーションが円滑に行え言語化能力がある方は、個々のニーズや能力に対応する柔軟性あるレッスンが行えるため人気の高いインストラクターとしての特性があると言えます。
ピラティスインストラクターとしてキャリアを成功させるには、クライアントのニーズを理解し、親身にサポートできる思いやりや、安全を最優先に考えて行動できる姿勢が重要です。
そして、自分自身が健康でポジティブでプロフェッショナルとして行動できる人間性が必要となります。
ピラティスインストラクターに向いている人は、ピラティスに対する情熱や興味があり、周囲に伝えることにやりがいを感じることができる人などがあげられます。
また、クライアントとのコミュニケーションが円滑に行え言語化能力がある方は、個々のニーズや能力に対応する柔軟性あるレッスンが行えるため人気の高いインストラクターとしての特性があると言えます。
ピラティスインストラクターとしてキャリアを成功させるには、クライアントのニーズを理解し、親身にサポートできる思いやりや、安全を最優先に考えて行動できる姿勢が重要です。
そして、自分自身が健康でポジティブでプロフェッショナルとして行動できる人間性が必要となります。
常に、自身の行動や専門性を振り返り、成長し続ける努力のできる人が向いています。

身体を動かすことが好きな人

ピラティスは体を動かしながら健康をサポートし、筋力を高める効果があることから、運動や体の動きに興味を持つ人が向いています。

ボディメイクに興味がある人

ピラティスは体型を引き締め、筋力を高める効果があり、ボディメイクに適している側面があります。そのため、ダイエットなどに成功した等、自身の健康的なボディメイク経験を活かし、クライアントに健康的な体づくりの手助けできます。

ピラティスの知識や手法を学び続ける意欲がある人

ピラティスインストラクターは常に最新の情報や技術を習得し続けることが重要であるため、学びに終わりはなく、継続的な学習と向上心のある人が、より優れたインストラクターになるために重要です。

人と関わることが好きな人

ピラティスインストラクターはクライアントとのコミュニケーションが必須で個別の指導やサポートによって、信頼関係を築き続けることが重要です。

ピラティス

まとめ

現在、ピラティスのインストラクターやヨガインストラクターは非常に人気な職種です。
ピラティスインストラクターの仕事を通して、単なる体を動かせる場の提供だけではなく、ポジティブ思考や新しいアイディア、 肩の力を抜いて楽観的になるサポートができます。今回は新たなキャリアとしてピラティスのインストラクターの道を考えている方々が活躍するための情報をおまとめしましたが、 大切なのは自分の技術や知識を他人に伝えることに情熱を持つことです。
健康的なライフスタイルや運動に興味があり、ピラティスを通して、人々が健康で活力に満ちた生活を送る手助けをしたいと考えている全ての人が、キャリアを成功させる大きな可能性を持っています。
銀行員や営業職などの他職種からキャリアチェンンジし、ピラティスのインストラクターとして輝いている人は多数います。積極的にチャレンジしましょう!

zen place

zen placeピラティス・ヨガメディア編集部

20年前からピラティス一筋、ピラティス専門で、世界中のピラティス指導者から学び続けているzen place。世界のピラティス業界のトップ指導者ラエル・イサコウィッツからBASIピラティスを学ぶ唯一の会社であり、世界のピラティスの標準を作っているBalanced Bodyのライセンスコースを提供している会社です。世界で一番最初に全米ヨガアライアンスを作った老舗のヨガ指導者養成スクールYogaWorksを運営しています。ピラティス・ヨガインストラクターや、これから目指す皆様に役立つ情報を提供していきます。

ENTRY応募は
こちらから