wellbeing

PILATES

ピラティスインストラクターのための情報メディア

ピラティスインストラクターになるためには年齢は関係あるのか?

ピラティスインストラクターを目指す際に、「年齢がどれだけ関係するのか」、と言ったことを考える方は多いのではないでしょうか?
この記事ではピラティスインストラクターになるにあたって年齢が関係あるのかについて解説します。
ピラティスのインストラクターを目指したいけれど、年齢に関して不安があるという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ピラティスインストラクターになるためには年齢は関係あるのか?

年齢に関わらずピラティスインストラクターになることは可能

結論から言うと、ピラティスインストラクターは、どの年齢からでも目指すことができます。日本にも国際的に認められているピラティス資格はいくつかありますが、 どの資格にも年齢制限は設けてありません。ピラティスはダイエットや美容のイメージがありますが、もともとリハビリのためのトレーニングメゾッドとして開発されました。 そのため、幅広い年齢層に適しており、若い方からシニアまで、年齢に関係なく学び指導することができる素晴らしいキャリアと言えます。ピラティスへの情熱と意欲があれば、 どのような年齢でもピラティスインストラクターに挑戦できます。

年齢による制限はないが、ピラティスインストラクターに多い年齢層

世界40カ国以上に展開している「BASIピラティス指導者資格コース」は、20代から60代までの幅広い年齢層の人々が参加しており、中でも、 最近は40代から50代の活躍が多くみられていおり、活躍するインストラクターの年齢層は若さだけではなく、経験や知識が豊富で、安定した指導が求められ、 ピラティスの基礎から学ぶ情熱や常に自己研鑽を行うモチベーションとエネルギーが必要です。

ピラティスインストラクターに必要な前提知識

ピラティスインストラクターになるためには、一定の知識が必要です。具体例として、ピラティスの歴史や基本原則についての知識はもちろん、 身体の解剖学や運動生理学を学習などがあげられます。また、コミュニケーション能力や教育スキル、マネジメント能力といったスキルも必要となり、 これらの知識とスキルを習得し、実践的な経験を積むことで、優れたピラティスインストラクターのキャリアを築くことができます。

ピラティス

ピラティスインストラクターに向いている人の特徴

ピラティスインストラクターに向いている人の特徴は様々で、特定の人だけが目指せるといった職業ではありません。

例として、
・健康とフィットネスに対する探究心があること
・コミュニケーション能力が高く生徒との信頼性を築ける
・忍耐強さや柔軟性や教育への情熱がある

など、ピラティスの知識や技術を継続的に学び、人の健康改善に寄与したいと考えている人がピラティスインストラクターに向いている人の特徴としてあげられます。
また、 社会人一般的に最低限の知識や人間性がない人は、ピラティスインストラクターとしてのキャリアを継続することは難しいとも言えます。つまり、年齢問わず特徴が当てはまる人は誰でもピラティスインストラクターへ挑戦することができます。

年齢問わずピラティスの人気が年々高まっている理由

ピラティスはその効果が広く認められることから、身体の健康維持や美容、ストレス解消を求める人に支持されています。姿勢の改善や肩こり、腰痛の改善といった日常的に抱える悩みの改善効果もみられることも、非常に人気が高まっている理由の一つです。
特に、コロナ禍以降自宅でのエクササイズへの注目が高まり、オンラインレッスンも普及も拡大しています。その他にもピラティスの人気が高まっている要因はたくさんあります。具体的な例をそれぞれ紹介していきます。

幅広い年齢層に対応している

ピラティスは幅広い年齢層に対応したエクササイズとして知られています。ピラティスは身体の柔軟性や筋力の向上、姿勢の改善を目指すものであるため、 どんな方でも取り組みやすいエクササイズとなっております。また、ピラティスには様々なプログラムが存在するため、 個人のニーズに合ったレッスンを受講することが可能です。スタジオでのレッスンだけでなく、オンラインでのレッスンも主流になってきており、 場所を問わずいつでもピラティスをできる環境も整ってきました。そのため、子供から高齢者まで誰でも簡単に取り組むことが可能です。

ピラティス

年齢が上がるほどピラティスのメリットが増える

ピラティスは実際の医療の現場で、高齢者のリハビリにも取り入れられています。ラティスは個人の身体の可動域に合わせて呼吸とともに筋肉を動かす運動です。 格を整えていくことによって、代謝を上げ、怪我や病気に強い「根本的な健康体」を手に入れることを目的となります。そして筋力、柔軟性、 姿勢の改善に焦点をあてたトレーニングであるため、高齢者にとって有益と言えます。また、年齢が上がるとともに、骨密度の低下や関節の柔軟性の減少といった年齢に伴う課題も指摘されています。 そういった問題を対処するのに役立ち、健康的である生活を支援するものがピラティスなのです。

ピラティスは初心者でも学びやすい

これまで解説してきたように、ピラティスには年齢は関係ありません。つまり、初心者でも気軽に学ぶことができるのです。実際に、 初心者からピラティスのインストラクターとして活躍されている方は多くいます。また、ピラティスの資格取得プログラムでは、 ピラティスの基礎部分から学んでいくため、初心者の方でも安心して参加することができます。初心者からインストラクターになった方のメリットは、 初心者のクライエントの気持ちに寄り添うことができ、適切な対応に繋げることができる点などがあげられます。

年齢を気にせず理想のピラティスインストラクターを目指そう

ピラティスのインストラクターになりたいけれど、40代からでは遅いのではないか?と考えている方もいらっしゃるかもしれません。また、 若すぎることが理由にピラティスインストラクターになることが一歩踏み出せない方少なくないです。しかし、ピラティスのインストラクターに年齢は関係ないため、 どのような方でも学ぶことができる環境が整っています。年齢を理由に諦める必要はなく、理想のピラティスインストラクターを目指すことができます。

ピラティス

まとめ

ピラティスは現在、これまで以上に注目が高まってきます。世界中でも、老若男女問わず幅広い年代に支持されていることから、ピラティスインストラクターの需要もどんどん増えていきます。
ピラティスインストラクターになる上でもっとも大切なのは、年齢でも運動神経でもありません。単に年齢を理由に諦めるのではなく、自分の個性やピラティスをやってみたい、 インストラクターとして活躍してみたいという情熱を大切にしてみてください。その情熱はあなたのピラティスインストラクターとしての大きな活躍に繋がると思います。

zen place

zen placeピラティス・ヨガメディア編集部

20年前からピラティス一筋、ピラティス専門で、世界中のピラティス指導者から学び続けているzen place。世界のピラティス業界のトップ指導者ラエル・イサコウィッツからBASIピラティスを学ぶ唯一の会社であり、世界のピラティスの標準を作っているBalanced Bodyのライセンスコースを提供している会社です。世界で一番最初に全米ヨガアライアンスを作った老舗のヨガ指導者養成スクールYogaWorksを運営しています。ピラティス・ヨガインストラクターや、これから目指す皆様に役立つ情報を提供していきます。

ENTRY応募は
こちらから