wellbeing

PILATES

ピラティスインストラクターのための情報メディア

ピラティスインストラクターは初心者や未経験者でもなれるのか?

ピラティスインストラクターという職業に興味があるけれども、初心者・未経験者ということから不安に思う方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
この記事では、初心者や未経験者でもピラティスインストラクターを目指していけることを解説していきます。ピラティスインストラクターになるためには、 専門的な知識や経験も必要ですが、初心者や未経験の方がインストラクターとして、適切なキャリアを築いていくために備わっておくと有利になる資格取得や養成講座の受講があります。
初心者や未経験者がピラティスインストラクターになるために、お役立ちする情報を解説していきます!

ピラティスインストラクターは初心者や未経験者でもなれるのか?

初心者でもピラティスインストラクターになれる?

結論から言うと、初心者であっても、未経験者でもピラティスインストラクターになることができます。ピラティスインストラクターになるためには、 養成講座の受講やピラティスインストラクターとしての資格取得をする必要があります。ピラティスの資格には、短期間で取得可能なものもありますが、 短期間では学べる量に限りがあるため、じっくりと資格取得に向けて取り組むことをおすすめします。また、養成コースの種類も様々なため、 適切なスクール選びをすることが重要です。なぜなら適切な養成講座や資格取得を積み重ねることで、たとえ初心者や未経験者であっても基本的な知識と技術を習得することができ、 ピラティスのプロフェッショナルとしてのキャリアを築くチャンスがあるからです。ピラティスインストラクターは、ピラティスへの情熱と学ぶ意欲があれば、 初心者からでもスタートできる魅力的な職業です。

ピラティスインストラクターの仕事内容と役割

ピラティスインストラクターの主な仕事は、ピラティスを適切に指導するが大前提ですが、その他にも重要な仕事が存在します。
例として、安全性を確保しながら正確にクライエントをガイドしていくことや、クライエントと向き合い、 クライエントのそれぞれのニーズに合った適切なフィードバックを行うなど、クライエントにとっての効果的なレッスンを提供することが必要となります。
その他のレッスン以外の重要な役割として、クライエントとコミュニケーションを取ったり、信頼関係を築いたりすることがあげられます。

ピラティスインストラクター未経験者が行う業務内容とは

未経験のピラティスインストラクターも資格取得後は、ピラティスインストラクターとしてピラティスを教えていくことが仕事です。そのため、 ピラティスの指導に関するテクニックを習得することが また、安全かつ正確にピラティスを教えるために、ピラティス用語や呼吸法など、 ピラティスに関する深い知識を習得することは大切なことであり、それに加えて解剖学や生理学、筋肉の名称、関節の動きなどの知識を学ぶ必要があります。 初期段階では、アシスタントとしての役割が多いかもしれませんが先輩のインストラクターを参考にしたり、独自で勉強を深めたりなど、 徐々に経験を積む機会として捉えながら、学びを深めていきましょう。そうすることで、自信をつけることができ、 やりがいを実感しながら活躍することができるようになります。

ピラティス

ピラティスインストラクターになるための必要な知識とスキル

ピラティスインストラクターとして、ピラティスは本来どういった目的で始まったのか、「本質とは何か?」といったピラティスに関する基本的な理論を理解しておくことは必要です。 身体の動きを正確に把握するために、身体の構造を理解し、解剖学や生理学の知識を得ることも重要です。また、ピラティスを指導していく中で、 クライエントに効果的なレッスンを行う指導力や柔軟性、そして忍耐力、責任感を持つことが必要となります。
そして、クライエントと円滑にコミュニケーションをとる能力が、ピラティスインストラクターなる為の必要なスキルと言えます。
ZENPLACEでは下の名前でクライエントとインスタラクターを呼び合うなど、クライエントとのコミュニケーションをとる時間を大切にしており、クライエント一人一人を尊重しています。

初めての方が受講したほうが良いピラティスの講座とは?

初めてピラティスインストラクターの資格を取得する方にむけ、お勧めできる講座のポイントを解説していきます。
ピラティス養成講座は種類が豊富であり、講座選びが重要です。初心者向けの養成講座もあり、 初心者でもピラティスを学びながらインストラクターと目指せる環境が整っているものあるので、 これから資格取得を目指す未経験の方は参考にしてみてください。

受講期間が初心者に適している講座

初心者向けピラティス資格講座として、「受講期間がゆっくりと進む」講座はおすすめできる一つのポイントです。受講期間がゆっくり進むことで、 長い期間で時間をかけて学ぶことができるため、初心者でも適切に正確に知識を身につけることが可能です。受講期間は様々で、早い養成講座ですと、 3日間~1週間程度で資格取得が可能です。そのような講座は、スポーツやピラティスの経験がある人に向いていますが、 初心者の方からすると短期間で十分あな経験値を得ることができなくなります。そのため、最低でも1カ月以上の資格を選ぶことをおすすめしています。
ピラティス初心者の場合、経験や自信が働く際のやりがいやモチベーションの向上に繋がります。自分に磨きをかけるためにも、 できるだけじっくりゆっくりと学びを深めていくとよいでしょう。

ピラティス

ピラティスの基礎から学べる講座

初心者の方が資格を取得するにあたって、もう一つのポイントは「基礎が学べる」講座になります。ピラティス初心者はピラティスの基礎を理解することで、 適切な指導に繋がるため、基礎をしっかりと学べることは大きなメリットがあります。「初心者におすすめ」や「初心者歓迎」と記載があるものは、 初心者のレベルに合った授業内容を受けることができ、受講生の中にも初心者が多い傾向です。ピラティスインストラクターとしての仲間の存在がモチベーションを高めることができ、 同時にピラティスへの理解も深めることができます。これまでのピラティスの経歴を重視した養成講座もあるため、 しっかりと初心者向けなのかそうでないのかを事前に調査しておくことが養成講座選びのポイントです。

ピラティスインストラクターに向いている人の特徴まとめ

これまでピラティスインストラクターに向いている人の特徴について、解説をしてきました。ピラティスインストラクターになるためには、年齢や体型は関係なく、 ピラティスへの興味があり、知識や手法を学び続ける意欲がある人なら誰でも、ピラティスインストラクターを目指すことができます。
また、ピラティスに強い興味関心が無くても、「体を動かすことが好きで、人と関わることに抵抗が無く、他人の健康サポートに興味がある人」 「ボディメイクに興味があり、向上心がある人」などもピラティスインストラクターに向いていると言えます。
そして、レッスンを受ける人は、年齢も体型もニーズも様々であることからも、ピラティスは多様性が受け入れられてます。 ピラティスインストラクターはそれら多様性を考慮して教える職業となります。
初心者や未経験者であることを理由に、ピラティスインストラクターを目指すことを諦める必要はありません。ピラティスへの熱い情熱と、 自分を高めたいという気持ちさえあれば、誰でも目指すことができます。

zen place

zen placeピラティス・ヨガメディア編集部

20年前からピラティス一筋、ピラティス専門で、世界中のピラティス指導者から学び続けているzen place。世界のピラティス業界のトップ指導者ラエル・イサコウィッツからBASIピラティスを学ぶ唯一の会社であり、世界のピラティスの標準を作っているBalanced Bodyのライセンスコースを提供している会社です。世界で一番最初に全米ヨガアライアンスを作った老舗のヨガ指導者養成スクールYogaWorksを運営しています。ピラティス・ヨガインストラクターや、これから目指す皆様に役立つ情報を提供していきます。

ENTRY応募は
こちらから