wellbeing

PILATES

ピラティスインストラクターのための情報メディア

主婦からピラティスインストラクターを目指す!働き方のポイントを解説

この記事では、子育てや家事を両立させながら、ピラティスインストラクターとして働きたいと考える主婦のための情報をまとめています。まず、主婦の方がピラティスインストラクターを目指す際に知っておくべきことは、フレキシブルな働き方やスケジュール調整の重要性であるということです。
ピラティスの仕事はクライエントとのスケジュールに合わせて行うことが多いため、家庭や子育てとの両立がしやすい特徴があります。
自分のライフスタイルに合った働き方を見つけ、キャリアを築くことは可能なため、主婦でもピラティスインストラクターを目指したい方は、是非本記事を参考にしてください。

主婦からピラティスインストラクターを目指す!働き方のポイントを解説

ピラティスインストラクターとは?業務内容の紹介

ピラティスは、体の内側の筋肉であるインナーマッスルを鍛えることで、姿勢の改善や体調の向上が期待できます。そんなピラティスをクライエントに教えるのがピラティスインストラクターです。ケガのないように体を正しく使えるように指導しながら、クライエントのニーズに合わせて、適切なプログラムの提供していきます。
そのためには、ピラティスの知識だけでなく、クライエントと円滑なコミュニケーションをとるスキルも必要不可欠です。加えて、業務内容として、レッスンを行うだけでなく受付業務やスタジオの清掃、器具の管理といった業務もあります。

主婦の方でも取り組む業務は変わらない

主婦の方でもピラティスインストラクターとして働く際は、一般的なインストラクターと変わりません。ピラティスインストラクターとして、経験を積みながら、自己を成長させクライエントにピラティスのレッスンを提供し、姿勢の改善や体力向上をサポートします。主婦であっても、専門的な知識やトレーニングスキルを活かして、健康へ貢献できる職業の選択肢と言えます。

主婦からピラティスインストラクターになる方法

主婦からピラティスインストラクターになる方法はさまざまですが、まずは養成講座に通いピラティスの資格を取得することがおすすめです。
養成講座には様々な通い方があるので、自分に合ったスタイルを選択することが重要となります。その後、スタジオやフィットネスジムで経験を積むか、独立開業して自宅や専用のスタジオを開業するかを選択します。主婦の方が柔軟な働き方でピラティスの知識とスキルを活かし、自身のライフスタイルに合ったキャリアを築くことが可能です。

ピラティス

年齢制限がないからこそ、ピラティスインストラクターを目指せる。

ピラティスに年齢制限はないため、年齢に関係なくインストラクターを目指すことが可能です。若い世代はもちろん、中高年、シニアの方まで、幅広い年齢層がピラティスインストラクターとして活躍しています。もともとバレエダンサーだった人や、フィットネス業界で働いていた人など、経験を活かしながら働いている例もあります。
さらに、人生経験を活かし活躍をしている人もおり、柔軟な働き方でピラティスの世界に挑戦することが可能です。

資格は取得しておくとメリットがある

ピラティスインストラクターとしてのキャリアを築く上で、資格取得は大きなメリットがあります。適切な資格を取得することで、信頼性が高まり、クライエントからの信頼を得やすくなります、
また、資格を取得することでピラティス専門知識やスキルを習得し、より高いレベルでの指導が可能になります。安定したクライエントを持つことにもつながります。資格取得のメリットは、自己成長に繋がり、インストラクターとしてプロの道を歩むために重要なステップです。

主婦の方にとってのピラティスインストラクターのメリットとデメリット

主婦の方にとってピラティスインストラクターのメリットとデメリットは存在します。簡単に説明すると、メリットは、柔軟な働き方をできる点と健康の向上に繋がる点であり、デメリットは、集客と安定した収入を得るまでに時間がかかる点です。しかし、目的を見失わず適切なステップでキャリアを築いていけば理想のピラティスインストラクターに近づけるため、メリットデメリットそれぞれの詳細を解説していきます。

ピラティス

主婦の方がピラティスインストラクターをするメリット

主婦がピラティスインストラクターになることで、柔軟なスケジュールで家庭と仕事を両立できること、ピラティスを通して健康の向上を自分にも採り入れることができるメリットがあります。自己の成長に繋がり、さらにはコミュニティ構築の機会があることもメリットとして挙げることができます。

自分だけの時間を確保するには上手くスケジューリングする必要がある。

ピラティスインストラクターになる際は、資格取得のために養成講座に通ったり、多くのレッスンから経験を積んだりする必要がある場合もあります。
そのため、自分の時間を確保するために効果的なスケジューリングを行います。ピラティスインストラクターの業務として、レッスンの予定や準備時間の確保、自己練習があり、その中に休息とのバランスも取ることが大切です。自己ケアとコミュニケーションの時間も大切にし、継続可能なキャリアを築いていかなければなりません。

主婦としての生活とピラティスインストラクターのキャリアを両立させるには

主婦としての生活とピラティスインストラクターとしての職業を両立させるためには、柔軟なスケジュール管理が必要です。レッスンの予定や家庭の優先事項を調整し、効率的な時間の使い方を心がけましょう。
また、サポートシステムや家族の理解を得ることも成功の鍵です。ピラティスの魅力と家庭のバランスを保ちながら、充実したキャリアを形成していくことができます。

理想的なピラティスインストラクターのキャリアバランスイメージ

理想的なピラティスインストラクターのキャリアバランスの一例として、専念と調和のとれた生活をすることが挙げられます。ピラティスインストラクターの仕事に情熱を注ぎつつも、自己のケアや家庭を大切にし、ストレスを最小限に抑える必要があります。
資格取得のための養成講座に通ったり、経験を多く積むことも必要となる事があります。柔軟なスケジュール管理を行いながら、効率的な仕事スタイルを選択することで、充実感を保ち、健康的で幸福な生活を実現します。

まとめ

主婦の方がピラティスインストラクターを目指す際のポイントについて解説しました。主婦の方は、子育てや家事をしながら限られた時間で、養成講座に通いピラティスインストラクターの資格取得をする必要があります。また、資格取得後もピラティスインストラクターとしてスキルや知識を高め、常に成長し続けることが充実感に繋がりやすいです。家庭とピラティスインストラクターのバランスが成功の鍵であり、綿密なスケジュール管理を意識して理想の主婦ピラティスインストラクターを目指しましょう!最後に、主婦の方がピラティスインストラクターを目指すにあたって、不安に思うことも多くあるかと思いますが、ピラティスのへの熱い情熱を大切し、何をすべきかを明確にすることが最大の近道と言えます。

zen place

zen placeピラティス・ヨガメディア編集部

20年前からピラティス一筋、ピラティス専門で、世界中のピラティス指導者から学び続けているzen place。世界のピラティス業界のトップ指導者ラエル・イサコウィッツからBASIピラティスを学ぶ唯一の会社であり、世界のピラティスの標準を作っているBalanced Bodyのライセンスコースを提供している会社です。世界で一番最初に全米ヨガアライアンスを作った老舗のヨガ指導者養成スクールYogaWorksを運営しています。ピラティス・ヨガインストラクターや、これから目指す皆様に役立つ情報を提供していきます。

ENTRY応募は
こちらから