広い視野で
心身の健康こそが幸せという事を伝えたい

  • Shino
  • ピラティスインストラクター
  • 関西学院大学 社会学部 社会福祉学科卒業
  • 前職 通販会社

PROFILE

関西学院大学を卒業後、8年間の一般OLを経てクライアントであった当社に入社

社員からのメッセージShino

PROFILE

関西学院大学を卒業後、8年間の一般OLを経てクライアントであった当社に入社

INTERVIEW

前職の通販会社ではどのような業務をしていましたか?

前職の通販会社では、アパレルの商品企画、販売企画、地方自治体とのコラボレーション企画・運営・営業を担当していました。

事務職からインストラクターに転身した理由は?

前職の職場の近くに、ヨガプラスがありクライアントとして入会したことがきっかけです。ヨガに出会い、自分の心身の状態が良くなるとともに、家庭や仕事の状況も良くなっていくことを体感するようになりました。
通っていたヨガプラスのインストラクターの皆さんがイキイキしていて、その仕事がとても素晴らしいものだと思うようになりました。
30歳という年齢でもう一度自分の働き方や使命を考えた時に、心身の健康を目の前の人に伝えることができるインストラクターを仕事にしたいと思い決めました。不安もありましたが、その時通っていたヨガプラスのインストラクターに背中を押してもらったことと、何よりヨガを通してポジティブなマインドを得ていたので、やりたいことにチャレンジするマインドが自分の背中を押してくれました。

ぜんヨガ・ピラティスのインストラクター正社員の声写真

現在活かされている前職で培ったスキルを教えてください

商品を企画することと、より良いクラスやスタジオを作ったりクライアントに喜んでもらうことを考えることは近いものがあります。何に対してもクリエイティブに考えることが必要とされる中で、前職で培った企画力が活かされています。
また、販売企画をやっていたことで、数字の読み取り方、作り方を考えることが好きです。現場の中で数字に敏感なことは自身の実績や成果を分析し、すぐに改善、目標目的に沿った行動を起こすことに活かされています。

ピラティスインストラクターになって良かったことは?

パソコンの前で、目に見えないターゲットやお客様のことを考えて模索していた会社員時代とは違い、目の前のクライアントが喜んでいる姿を見られること、しかも自分のセッションで心身の健康を享受してもらい喜んでもらえることは、この上なく嬉しい日々です。
また、自分自身がクライアントからもピラティスからもエネルギーをもらい、内から活力が湧き、健康そのもので暮らせることが何より良い点です。

ENTRY
エントリーについて

MESSAGE
社員からのメッセージ一覧へ

エントリーについて