wellbeing

YOGA

ヨガインストラクターのための情報メディア

未経験からヨガインストラクターを目指す!
具体的な方法

未経験からヨガインストラクターを目指したい!と考える方は多いのではないでしょうか?
未経験からヨガインストラクターになり、スキルアップし経験を積んで活躍することは可能です。
本記事では、未経験からヨガインストラクターへのステップアップを目指す方々に向けて、具体的な方法とアドバイスをご紹介します!
自身のヨガの実践やスキルアップ、コミュニティへの参加など、さまざまな要素を取り入れながら、より一層の成長を目指していきましょう。

未経験からヨガインストラクターを目指す!具体的な方法

1. ヨガの実践を深める

ヨガインストラクターを目指すには、まず自身のヨガの実践を深めることが重要です。
以下の方法を試してみましょう。

・自宅でのヨガを実践してみる
・ヨガスタジオやジムでクラスを受講する
・オンラインのヨガコースやチュートリアルを活用してみる

2. ヨガ資格取得を目指す

ヨガインストラクターとしての信頼性や専門性を高めるために、ヨガの資格取得を目指しましょう。

・認定ヨガスクールでの資格取得プログラムへの参加
・オンラインでのヨガ資格取得コースの受講
・ワークショップやセミナーへの参加

ヨガの資格を取得する際におすすめなのは、全米ヨガアライアンス認定のRYT200、RYT500です。
世界の一流講師からヨガの指導始めるのに必要な内容を学ぶことのできる資格になっています。
ぜひ、ご自身の目指す姿を実現できる資格取得を目指してみてください!

ヨガをする女性

3. 働ける場所を探す

ヨガスタジオやフィットネスジムでスタッフを募集している場所を探してみましょう!
インターネットでの検索、地元の求人サイト、SNSなどで積極的に探してみることが大切です。
最近ではインスタグラムなどでも募集している場所があるなどで興味に応じて検索してみるのがおすすめです。
未経験から始める場合は研修が充実しているか、憧れられる先輩がいるかといった観点でも探してみると良いです。また、勤務することを考えると自宅から通いやすい場所にスタジオ等があるかといった点も重要です。

働いてみたいと思える募集が見つかったら応募しましょう。
履歴書、職務経歴書などを用意しこれまでのヨガ経験やその他トレーニングなどの経験・実績等について記載します。
面接ではご自身のヨガのバックグラウンドや指導経験、教える上でのアプローチについて聞かれることが多いです。自信を持って臨んでください!

4. 採用された後は

採用されて、晴れて働けることになったら初めは他の経験豊富なインストラクターの下で補助的な役割を行い、経験を積みながら自身の指導スキルを磨いていきましょう。
フィードバックを受けたり、他のインストラクターのクラスに参加したりすることで、学びの機会を広げることも大切です!

そしてヨガインストラクターとして活動しながら、自身のスキルを継続的に向上させることが重要です。
定期的にワークショップやセミナーに参加したり、他のインストラクターや専門家との交流を図ることで、ヨガの知識や指導力を向上させることができます。

ヨガをする女性

自己成長しながら楽しんで!

このようにステップを踏んで、未経験からヨガインストラクターを目指すのも一つの道です!
自己実践やスタジオ等での業務などやるべきことは沢山ありますが充実した日々を送れるでしょう。
まずは勤務スタジオの社員の方のサポートをしたりスタジオの運営業務に携わったりと様々な業務を行う可能性もあります。一つ一つの業務から多くの学びを得てインストラクターとしてステップアップを目指していきましょう。

例えばアルバイトからのスタートであれば副業としてインストラクターを始める、家事や育児と両立しながら働くなどといった柔軟な働き方も可能です。その他にフリーランスという道もあります。
ご自身のプランに合わせて情報収集をすることが大切です!
ぜひ挑戦してみてください。

zen place

zen placeピラティス・ヨガメディア編集部

20年前からピラティス一筋、ピラティス専門で、世界中のピラティス指導者から学び続けているzen place。世界のピラティス業界のトップ指導者ラエル・イサコウィッツからBASIピラティスを学ぶ唯一の会社であり、世界のピラティスの標準を作っているBalanced Bodyのライセンスコースを提供している会社です。世界で一番最初に全米ヨガアライアンスを作った老舗のヨガ指導者養成スクールYogaWorksを運営しています。ピラティス・ヨガインストラクターや、これから目指す皆様に役立つ情報を提供していきます。

ENTRY応募は
こちらから