wellbeing

YOGA

ヨガインストラクターのための情報メディア

ヨガインストラクターに向いている人って?知っておきたい心構えや特徴を解説

ヨガは、心と身体の健康を促進し、生活全体の質を向上させる素晴らしい心身訓練法です。
この古代の練習方法は、現代社会でも注目され、多くの人々に愛されています。 そして、ヨガを伝え、生徒へ教育をする重要な存在がヨガインストラクターです。
ヨガインストラクターに向いている人は、ヨガと真摯に向き合い他者への思いやりの心があることです。
しかし、大事なことは、向いていることをすべき、と決めつけず、ヨガインストラクターに興味があるならば、挑戦することです。
多くのヨガインストラクターはヨガに真摯な思いを抱き、苦手を克服しながら活躍している方もいます。
あなたが向き合いたい、頑張りたいという想いがあるならば、チャレンジして、インストラクターの道を選んでください。
ヨガインストラクターにはどのような特徴や心構えが求められるのでしょうか?
この記事では、ヨガインストラクターに向いている人の特徴や、その役割を果たすために必要な要素について詳しく解説します。

ヨガインストラクターに向いている人って?知っておきたい心構えや特徴を解説

心構え

ヨガインストラクターになるにはどんな心構えが必要でしょうか?
ヨガインストラクターになることは、心と身体の健康を促進し、内面の平穏を追求する道を選ぶことです。
しかし、成功するヨガインストラクターに共通する重要な要素は、ヨガと人に対して誠実な姿勢を持つことです。
この章では、ヨガインストラクターに向いている条件として『ヨガに真摯に向き合うこと』、『人と真摯に向き合うこと』の2つを挙げてご紹介していきます。

ヨガに真摯に向き合うこと

『ヨガに真摯に向き合うこと』ができる人はヨガインストラクターに向いています。

なぜならば、真摯に向き合うことができれば、やりがいを感じることができ、充実感を得ることができるからです。
ヨガに真摯に向き合うことができれば、『知らないことを知る楽しみ』を感じることができ、学びを深めていけます。
その学びはいつか『インストラクター』として誰かに伝えたいとなるかもしれません。

ヨガインストラクターになることは、身体と心の健康を促進し、内面の平穏を追求する道を選ぶことです。
しかし、成功するヨガインストラクターに共通する最も重要な要素は、ヨガ自体とその指導に真摯に向き合うことです。
実際に講座を受講された生徒の多くが『ヨガが好き』『ヨガを知りたい』という理由で学びを始められます。
『ヨガ』は、アーサナや呼吸法、解剖学、生理学、心理学、哲学、瞑想など幅広くあり学びは永遠に続きます。ヨガインストラクターになる者は、絶えず学び続け、自己を深化させる姿勢を持つべきです。
新しいヨガのテクニックや哲学を学び、自身を理解し深めることは、生徒たちに価値ある指導を提供するために不可欠です。

また、この学びの過程を通じて、ヨガインストラクター自身が内面的に成長し、深い洞察を得ることができます。
初めのうちは、自分の好奇心の赴くままに学び、なかなか成果がでなくても、好きなことができる喜びを第一に考えてみましょう。

人と真摯に向き合うこと

人と真摯に向き合うことを大切にしている人は、ヨガインストラクターに向いています。
ヨガインストラクターやコーチ、さらには教育者など指導者として活動する者にとって、生徒やクライアントとの深い関係性は成功の鍵です。
なぜならば、人との関わりを大切に、真摯に接することで『この人に教えてもらいたい』とファンが増えることに繋がるからです。そしてこれはやりがいにも繋がります。

ヨガクラスを開くようになったら、いろいろな悩みの改善要望を持った生徒さんと接することになります。生徒さんと信頼関係を築き、打ち解けて会話ができるとどのようなことを望んでクラスを受けたのかなどの背景が見えてきます。
会話の中から気づいた要望に沿って、クラスの構成やレクチャー、声掛けなどを日々能動的に変えて、実践していくと生徒さんの成長を間近で感じられるため、インストラクター 自身の大きなやりがいにもなります。

単に情報の伝達や指導を行うだけではなく、個人的な成長を支援し、持続的な学びの機会を提供することで生徒さんにとってより意義のあるものとなります。
誠実な関係ができれば、生徒さんも相手を信頼し、自分自身を安心して表現する場を提供することができるため成長の基盤が出来上がります。

信頼、共感、理解、個別ニーズへの対応、励まし、サポートをし、共に学び成長することが、誠実な対人関係を構築し、持続的な学びと変化のサポートが可能となります。
このような誠実な関係が築かれることで、指導者としての使命がより意義深く、有益なものとなるでしょう。

ヨガをする女性

インストラクターに向いている人の特徴

2章では、インストラクターに向いている人の10の特徴をご紹介します。 下記10個の特徴にいずれかあてはまるのであれば、あなたはヨガインストラクターに向いています。

1. ヨガに対して真摯な興味と熱量を持っている
2. 学び続ける姿勢と向上心がある
3. コミュニケーションが得意で、人との関わりを重視する
4. 責任感が強く、誠実に仕事をこなす
5. デジタルツール(スマートフォン,PC,SNS等)が好き
6. 他人に教えること、助けることに喜びを感じる
7. 身体的、精神的健康に対して高い意識を持っている
8. 柔軟性があり、新しい方法や考え方にも開かれている
9. グループ内でリーダーシップを取ることができる
10. エネルギーがあり、人々を鼓舞することができる

どれにも当てはまらないからといって不安にならなくても大丈夫です。
今当てはまらなくても、これらはインストラクターになっていく段階から身につけていけばいいのです。
それでは、特徴について1つずつ解説していきます。

ヨガに対して真摯な興味と熱量を持っている

ヨガに対して真摯な興味と熱量を持つことは、インストラクターにとって、継続的な学習と成長、情熱の伝達、生徒への深い理解、ヨガコミュニティへの貢献、ヨガの本質の伝達など多くの面で非常に重要です。
真摯な興味と熱量があることで、生徒はより価値のあるヨガ体験ができるでしょう。

継続的な学習と成長:ヨガは深い哲学と多くの異なるスタイル、テクニックから成り立っています。真摯な興味と熱量を持つヨガインストラクターは、継続的に学び続け、自己向上する意欲があります。これにより、生徒に最新かつ高品質な指導を提供でき、自身のスキルも深められます。

情熱を伝える力:ヨガインストラクターがヨガに対する情熱を持っていると、その熱量が生徒に伝わります。生徒は指導者の熱量に影響を受け、ヨガへの関心とモチベーションがあがります。

生徒への深い理解:ヨガに真摯に取り組むことは、生徒のニーズや課題に対する理解を深めるのに役立ちます。インストラクターがヨガに深い関心を持つことで、生徒の状態を理解し、彼らに合った指導を提供できます。

ヨガコミュニティへの貢献:真摯な興味と熱量をもっているインストラクターは、ヨガの普及やコミュニティの発展に貢献し、共に成長するプロセスを支えます。

ヨガの本質を伝える:ヨガは単なる運動ではなく、深い哲学と意味を持つものです。真摯な興味を持つことで、インストラクターはヨガの本質を生徒に伝える力を高めます。

学び続ける姿勢と向上心がある

ヨガは永遠の学びのプロセスです。ヨガは新しいアーサナ、瞑想法、哲学的な概念が登場し、進化しています。
ヨガインストラクターは、常に最新の情報を追求し、自己啓発を続ける姿勢を持たなければなりません。
そのため学び続ける姿勢と向上心があることは、重要です。

コミュニケーションが得意で、人との関わりを重視する

ヨガインストラクターは、生徒との効果的なコミュニケーションが得意であるべきです。
生徒との信頼を築き、個別のニーズに応えるためには、優れたコミュニケーションスキルが必要です。
また、ヨガは心の健康も促進しているため、様々な感情を共感する能力も重要です。

責任感が強く、誠実に仕事をこなす

ヨガインストラクターとして責任感が強く誠実に仕事をこなすということは、生徒の安全、信頼性、ヨガの哲学と伝統への尊重、倫理的な実践、ビジネスの信用など、多くの側面で極めて重要です。
ヨガに対する真摯な姿勢は、生徒やクライアントにとっても、ヨガコミュニティ全体にとっても価値のあるものとなります。

生徒の安全:ヨガの指導は生徒の心と身体に深い影響を与えます。
ヨガインストラクターは、生徒の安全を確保し、彼らが心地よくヨガを実践できる環境を提供する責任があります
。誤った指導や注意不足は、怪我やストレスを引き起こす可能性があるため、責任感をもって安全な指導を行うことができると良いでしょう。

デジタルツール(スマートフォン、PC、SNS等)が好き

デジタルツールへ興味があるということは、ヨガインストラクターにとって、情報発信、スケジュール管理、オンラインクラス提供、教材提供、コミュニティ構築など多くの側面で極めて重要です。
これらのツールを適切に活用することで、ヨガを実践する場を拡大し、生徒やクライアントと深い関係を築く機会を増やし、ヨガのことを広めることができます。

他人に教えること、助けることに喜びを感じる

他人に教えることや助けることに喜びを感じることは、ヨガインストラクターにとって、ヨガの奉仕的な側面を具現化し、他人にヨガの利点を提供し、共感とサポートを通じてヨガコミュニティを構築する重要な要素です。
喜びと満足感は、指導者としてのモチベーションを高め、ヨガインストラクターとしてより充実したものになります。

身体的、精神的健康に対して高い意識を持っている

身体的、精神的健康に対する高い意識は、ヨガインストラクターにとって、生徒にヨガの恩恵を提供し、モデルとなり、ガイダンスを提供し、健康をサポートするために不可欠です。
自身の健康と意識を高めることで、指導者としての資質を向上させ、生徒により価値のあるヨガを提供することが可能になります。

柔軟性があり、新しい方法や考え方にも開かれている

柔軟性があり、新しい方法や考え方に開かれているということは、ヨガインストラクターにとって、多様性の適応、継続的な学びと向上、創造性とイノベーション、信頼構築、学び続ける姿勢を示すという点で非常に重要です。
これらの要素が揃うことで、指導者としての質が向上し、生徒に豊かなヨガ体験を提供することができます。

多様性の適応:ヨガは多様性を尊重するため、生徒のニーズに対応するための柔軟性が求められます。柔軟性があるヨガインストラクターは、異なる身体タイプやレベルの生徒に合わせたカスタマイズされた指導を提供できます。新しい方法やアプローチを試みることで、生徒の多様なニーズに応えることができます。

継続的な学びと向上:ヨガの世界は絶えず進化しており、新しいテクニックや研究が登場しています。柔軟性を持ち、新しい方法や考え方に開かれていることで、常に最新の情報やトレンドを入れることで生徒に最先端の指導を提供できます。

グループ内でのリーダーシップを取ることができる

グループ内でのリーダーシップを取ることは、ヨガインストラクターにとって、クラスの調和した雰囲気の提供、安全性と正確性、モチベーションとエネルギー、個別のサポート、クラスのテーマと方向性、コミュニティの構築など多くの面で重要です。
リーダーシップの存在は、ヨガクラスをより有意義な経験にし、生徒たちの成長と変容を促進します。

クラスの調和した雰囲気の提供:ヨガクラスはグループレッスンが多く、円滑な進行やポジティブな雰囲気が必要です。ヨガインストラクターはクラス全体をリードし、生徒たちを指導する役割を果たします。リーダーシップの取り方が適切であれば、円滑なクラス進行ができ、より効率的に学ぶことができるようになるでしょう。

安全性と正確性:ヨガのポーズや動作は正確に行うことが重要です。ヨガインストラクターは生徒たちに正しいテクニックを教え、安全な実践を確保していくことが大事です。リーダーシップを発揮して、生徒さんが正確な姿勢を保つように指導することでケガの予防に役立ちます。

個別のサポート:ヨガクラスにはさまざまなスキルレベルや体力を持つ生徒が参加します。リーダーシップを発揮することで、個々の生徒に対して適切なサポートや調整を提供できます。これにより、すべての生徒がクラスの満足感を得られるようになります。

エネルギーがあり、人々を鼓舞することができる

エネルギーがあり、人々を鼓舞することができることは、ヨガインストラクターにとって、モチベーションの提供、ポジティブな雰囲気の提供、ストレス軽減、集中力向上、生徒との円滑なコミュニケーション、魅力的な指導者像の構築などの点で重要です。
指導者のエネルギーが高いことで、生徒たちはより充実感を得られるヨガ体験を享受し、自己成長の旅を共に進めることができます。

モチベーションの提供:エネルギッシュで人々を鼓舞できるインストラクターは、クラスの生徒に対してモチベーションを提供できます。また、新たな刺激を与え、彼らを継続的な成長へ導きます。

ポジティブな雰囲気の提供:インストラクターのエネルギーが高いと、クラス全体にポジティブな雰囲気を提供することができます。生徒たちはインストラクターに影響を受け、笑顔や希望に満ちた雰囲気の中でヨガを楽しむことができます。

ストレス軽減:ヨガはストレスの軽減に効果的ですが、エネルギッシュなインストラクターがクラスをリードすることで、ストレス解消がより効果的に進行します。

集中力向上:インストラクターのエネルギーが高いと、生徒がマインドフルネスや瞑想に集中しやすい状態をサポートします。

ピラティスをする人

まとめ

ヨガインストラクターに向いている人は、ヨガに対して真摯に向き合い、他者への思いやりの心があることです。
ただ、大切なことは、数々のキャリアの選択肢がある中で、自分で選択し、ヨガインストラクターになるということです。

向いている人、向いていない人もいるかと思います。しかし、あなたが興味があるのにも関わらず諦めることができるのでしょうか? 多くのヨガインストラクターはヨガに真摯な思いを抱き、苦手を克服しながら活躍している方もいます。
あなたが向き合いたい、頑張りたいという想いがあるならば、チャレンジして、インストラクターの道を選んでください。

zen place

zen placeピラティス・ヨガメディア編集部

20年前からピラティス一筋、ピラティス専門で、世界中のピラティス指導者から学び続けているzen place。世界のピラティス業界のトップ指導者ラエル・イサコウィッツからBASIピラティスを学ぶ唯一の会社であり、世界のピラティスの標準を作っているBalanced Bodyのライセンスコースを提供している会社です。世界で一番最初に全米ヨガアライアンスを作った老舗のヨガ指導者養成スクールYogaWorksを運営しています。ピラティス・ヨガインストラクターや、これから目指す皆様に役立つ情報を提供していきます。

ENTRY応募は
こちらから