wellbeing

YOGA

ヨガインストラクターのための情報メディア

ヨガインストラクターの平均年収は? 働き方や経験による収入の違い

ヨガインストラクターと聞くとどんな仕事をイメージしますか?
老若男女幅広い方に、ヨガを通して心身の健康や美しさを促進し、その魅力や楽しさを伝え、広めていくお仕事です。
この記事では、ヨガインストラクターの平均年収や、その給与がどのようにして決まるのか、また、働き方や経験によって収入にどのような違いがあるのかなど、気になるヨガインストラクターのお仕事事情をご紹介します。

ヨガインストラクターの平均年収は? 働き方や経験による収入の違い

ヨガインストラクターの年収について

ヨガインストラクターの特徴の1つが働き方を選ぶことができることです。
基本は2軸は正社員か個人・フリーランスかによっての働き方になりますが、その年収の幅は250万円から600万円程度と大きな給与差が生まれます。
一般的に正社員の場合は安定した給与を受け取りますが、フリーランスの場合はクラス単位で報酬を得ることが多く、経験、資格、働き方によって変動します。他にも歩合制や自分のスタジオを所有することで、収入を大きく増やすチャンスもあります。
実際には、どのようにして年収に差が生まれるのか?それぞれの働き方と給与について解説していきます。

正社員のヨガインストラクター給与

正社員のヨガインストラクター平均月給は、月20万円から50万円位と幅があります。
経験、資格、スタジオの地域や規模、集客状況によって変動します。 基本給は経験や資格に応じて決まり、多くの場合はシフト制で約20万円〜で固定残業代が含まれている場合がほとんどです。
その他の要素として、ボーナス、レッスン手当、目標達成手当、通勤手当等、スタジオによってさまざまあります。 さらに、福利厚生でレッスン受講無料、講座受講補助などがある場合もあります。

そんな正社員として働くヨガインストラクターは、下記の様なステップを踏むと給与UPを目指すことができます。
・ヨガ関連の講座受講・資格取得とスキルの向上
・担当クラス数・生徒数を増やす
・プライベートレッスンの提供

正社員であれば、ボーナスがあったり、福利厚生もあるので、年収額以上に働きやすいと言えます。 また、スキル、経験、努力があれば、給与の最大化を目指すこともできるということです。

個人でヨガを教える場合の収入

個人のヨガインストラクターの給料は、通常クラス単位で計算されますが、1レッスン約2,000円〜5,000円が相場です。地域、経験、提供するクラスの種類、レッスンの場所、生徒数などによって大きく異なります。
さらに、1日のレッスン数が多ければ収入に直結するので、モチベーションにも繋がります。 自分で新しいプログラムを考えて行うなど、裁量も自分次第です。
また、都会では老若男女ヨガの愛好家がいるので、お客様は集まりやすいと言われています。
ヨガインストラクターで最も年収が高い働き方は、ヨガ教室を個人で経営することです。 自分以外にもインストラクターを雇うことでより多くのお客様を集め、適切な時間帯に稼働力を向上し、効率よく営業することができれば、かなりの集客が期待できます。

働き方によって変わるヨガインストラクターの収入

ヨガインストラクターとしての収入形態は、契約社員か業務委託契約かなどの雇用形態によって大きく異なります。
契約社員、業務委託、アルバイト・パートなどの異なる雇用形態にもそれぞれ特徴があり、収入もそれぞれです。

ヨガをする女性

契約社員の場合の収入

契約社員の仕事内容は、通常正社員とほとんど変わりありません。クラス指導やカウンセリング、スタジオ運営全般です。担当するレッスンは1日2〜4回程度、レッスン中は、お客様に声掛けしたり、ポーズを修正したり、アドバイスをしたりします。
レッスン以外にも、カウンセリングをしたり、研修や自主練習も行います。
契約ヨガ講師の給与は20万円〜50万円で、多くの場合20〜30時間相当の固定残業代として数万円が含まれますが、数字に左右されることなく良いレッスンができるような環境になっています。

業務委託契約の収入

業務委託契約のヨガインストラクターの平均給与も、地域や経験によって異なりますが、一般的に1クラスあたり3,000円から7,000円程度が相場です。
指導するクラスの数や参加人数、追加レッスン(プライベートセッション、ワークショップ)などによって大きく変動します。
業務委託契約のヨガインストラクターは、自身のスケジュールやビジネスを管理できるため、勤務時間や収入を増やすことも減らすことも自分次第です。

アルバイト・パートタイムのヨガインストラクターの時給と収入

ヨガインストラクターのアルバイトやパートタイムの雇用は、一般的に正社員や業務委託契約に比べて柔軟な働き方が可能です。
1日2〜3レッスンと、合間にはカウンターの業務、予約の受付やお客様の出迎え・見送り、店内の清掃、お客様との会話などを任されています。
平均的に時給は1,300円以上プラス交通費で、週4日・1日6時間以上の出勤になります。 アルバイトでも、経験とスキル次第で時給が上がっていきます。

ヨガインストラクターの収入をUPさせる方法

ヨガインストラクターが、今より収入を上げる方法はないのでしょうか? 大好きなヨガを教えることで、愛好家を増やしたい、その人たちをより健康にしたい、それぞれの想いを持ちながら、自分の収入もアップさせたいと思うのは当然のことです。 ここからは収入アップの方法を4つ紹介します。

スクールや研修でスキルアップ

スキルアップを目指し勉強や実践研修をしたり、経験をつむことで、自身のレッスン価値が向上し、お客様が増加することで収入アップを見込むことができます。
スキルを上げるためには、養成コースやスタジオで難しいポーズ、指導方法を教わって身につけることや、産前・産後など特定の方のためのヨガを習得することも一つです。
ヨガには、ホットヨガ・パワーヨガ・シニアヨガ・キッズヨガ、マタニティヨガなど本当に多くの種類があります。まずは自分が気に入ったスタジオの流派でインストラクター養成コースを受講するのが良いでしょう。
また、上達速度は人それぞれであることから、ヨガインストラクターが一人前として認められる基準は難しいですが、平均的には200時間の実践(学習)時間が必要と言われています。
ヨガインストラクターに国家資格はありませんが、全米ヨガアライアンス認定というのを取得すれば世界でも通用すると言われます。日本でも取得できる団体がありますので、ご紹介いたします。

YogaWorks®

ヨガワークスは、世界で一番最初にRYTを作った老舗のヨガ指導者養成スクールです。
RYT200などの養成コースは、世界4大陸、20カ国、50都市以上で開催されており、世界的に有名なスクールです。
海外講師の来日も多く、日本で本格的なヨガが学べるスクールです。
https://www.yoga-works.jp/

一般社団法人全日本ヨガ協会

全日本ヨガ協会で、幾種類かあるコースを修了すると、各種3級〜1級までのインストラクターの資格試験に受験ができ、合格すれば公認のインストラクターになります。
2級以上の資格を取れば全日本ヨガ協会が認定する教室を、自分で開業することもできるようになります。
https://yogaorg.jp/

社団法人日本ヨガインストラクター協会

日本ヨガインストラクター協会が認定するスクールで、各プログラムを修了するとインストラクターの資格試験に受験ができ、合格すれば公認されたインストラクターになれます。
https://www.jyiayoga.jp/

国際ボディメンテナンス協会

国際ボディメンテナンス協会では、ヨガインストラクター資格取得コースがあり、基本的なポーズからストレッチ、正しい、良い姿勢、そして学術的な内容などを学ぶことができます。
https://ibma.asia/

出張インストラクターとして働く

自治体や企業、グループなどの出張ヨガレッスンで収入UPも目指せます。
費用は平均的に1回1万円〜3万円程度になります。
方法としては、自分自身でマーケティング活動を行うこともできますし、派遣専門のヨガインストラクターに登録することもできます。

ピラティスをする人

プライベートレッスンを増やす

プライベートレッスンは、お客様の自宅に出向き、少人数を相手にヨガを教える仕事です。
友人や家族など知り合い同士が生徒になり、最近は気軽に派遣講師を自宅に招き、やりたいレッスンを受けるスタイルも増えています。
出張・派遣と同じか少し多いくらいの収入を得られ、またリピーターがつけば定期的にかつ継続的に行うことができ、かなりの収入アップにつながります。
お客様と良いコミュニケーションを取ることが、カギとなります。

独立開業の検討

開業するには、経営者としての手腕も求められますが、収入をUPさせるには最も分かりやすく上限のない手法となります。
しかし開業するには、まずはターゲットを決め、場所を決め、自分のスタジオを用意するところから始まるため直ぐに収益を見込めるものではありません。他にも何人かのヨガインストラクターを雇うことでレッスンを拡充することができます。
都心部にはたくさんのスクールがあるため、少し地方の都市部あたりを開業場所として選ぶと良いかも知れません。
また、他との差別化を図るためにもコンセプトを考えて、専門を絞ってヨガレッスンを提供することも方法の一つです。
その他にも、会費もシンプルにわかりやすくするなど工夫も大切であったり、様々な経営手法をトライしていく難しさを兼ね備えています。しかし、軌道に乗りさえすれば、収入の上限はなくなり、年収1,000万円も目指せる可能性があります。リピーターを増やし、安定した収入を目指しましょう。

自分に合った働き方を見つけよう!

ヨガインストラクターの仕事には、たくさんの種類があります。インストラクターの資格を持っていれば、働き方の幅は広がり、理想のインストラクターとしてキャリアを築いていける可能性が高まります。
インド直伝の正統派のヨガから、美圧ヨガやキッズヨガなどの新しいスタイルまで、指導できるヨガが増えることで自分の視野が広がり、仕事の幅も増えます。
積極的に継続的に学び続けることも大切です。

ヨガインストラクターの働き方選びのポイント

今や、ヨガスタジオやスポーツクラブだけでなく、公共のスポーツ施設や介護施設でのヨガの導入も増え、これまで以上に活躍の場は広がって来ています。
そのため、自分に合った働き方、雇用形態、場所を考え、キャリアを積んでいくといいでしょう。

まとめ

このようにヨガインストラクターの平均年収は、働き方や場所、経験によって大きく変動します。
同時に、収入に応じて、場所や働き方を選ぶことができるのもヨガインストラクターとして働くメリットです。社員、契約社員、フリーランス、業務委託、アルバイト・パートなど自分に合った働き方、雇用形態、場所を考え、キャリアを積んでいくといいでしょう。

zen place

zen placeピラティス・ヨガメディア編集部

20年前からピラティス一筋、ピラティス専門で、世界中のピラティス指導者から学び続けているzen place。世界のピラティス業界のトップ指導者ラエル・イサコウィッツからBASIピラティスを学ぶ唯一の会社であり、世界のピラティスの標準を作っているBalanced Bodyのライセンスコースを提供している会社です。世界で一番最初に全米ヨガアライアンスを作った老舗のヨガ指導者養成スクールYogaWorksを運営しています。ピラティス・ヨガインストラクターや、これから目指す皆様に役立つ情報を提供していきます。

ENTRY応募は
こちらから