wellbeing

YOGA

ヨガインストラクターのための情報メディア

ヨガインストラクターの体型にきまりはあるのか?

ヨガインストラクターを目指す際に、「体型がどれだけ関係するのか」といったことを考える方は多く分に向いているかどうかわからなくて不安という方は多くいらっしゃいます。
結論しては、ヨガインストラクターには特定の体型ルールはありません。
なぜ、体型が関係ないのか?この記事ではヨガインストラクターと体型の関係について、詳細を解説していきます。
ヨガインストラクターを目指したいけれど、体型に関して不安があるという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ヨガインストラクターの体型にきまりはあるのか?

実は見た目や体型に自信がない人でもヨガインストラクターに向いている理由

皆さんは、「ヨガインストラクター」と聞いて、どのような人が思い浮かびますか?

・毎日スムージーを飲んで、モデルのようにスリムな人。
・毎朝ウォーキングをして、健康的な食事をとっている人。

そのようにヨガインストラクターは痩せていなければならない、スタイルが良くなければいけないと思ってはいませんか?
しかしヨガインストラクターには、見た目や体型にルールはなく、ヨガインストラクターとして求められるのは内面の自信やヨガの知識、指導力、自身の成長や他人の健康に貢献したいという意欲になります。
ヨガインストラクターに興味はあるけれど、体型の悩みで躊躇していてはもったいないです。むしろ、体型や見た目を気にしている人こそ、ヨガインストラクターにチャレンジする価値があることを解説してきます。

ポーズのバリエーションが多いからこそ、体型に関係なくヨガを楽しめる

ヨガにはさまざまなポーズやスタイルが存在し、個々の体型に合ったバリエーションが豊富に存在することはご存じでしょうか?
有名なものでいうとカルマヨガ、ジュニャーナヨガ、アートオブリビングヨガ、パワーヨガなどがあります。
例えば、同じポーズでもベーシックなバージョンから始めることで徐々に深めることができ、それによって、体型に自信がない人でも、自分に合ったポーズを見つけて楽しむことができます。
また、ヨガは個人の柔軟性や筋力を向上させ、自己受容感を高めるのに適しています。体型を気にすることなく、誰もが健康的なライフスタイルを追求できるといった素晴らしい魅力です。

世界中で多様な体型のヨガインストラクターが活躍中

日本ではヨガは痩せている人のエクササイズという印象が強いですが、海外でヨガをしている人を見てみるといろいろな体型の人がヨガをしています。
ヨガには多くのプログラムがあり、個人個人に合ったプログラムを組むことができるため、様々な体型の人がヨガを楽しめます。
それに加えて、ヨガにはシンプルで簡単なポーズも沢山あるので、老若男女問わずできるといった特徴です。日本人に比べて、海外のヨガ愛好家は体が大きい人が多くます。
このように、多様な体型の人がヨガを楽しんでいます。

ヨガをする女性

ヨガインストラクターと体型のイメージ関係

痩せているといったイメージをお持ちの方もいらっしゃいますがヨガの本質は、自分と見つめ合い瞑想することや心を落ち着かせるといった考え方が大切です。
そのため、体型は関係なく、様々な体型や外見を持つ人がいます。
ヨガには多様性があるのです。
そして、誰にでも採り入れられた健康法であることが言えます。

なぜ、ヨガインストラクターは痩せているという印象がついたのか?

これは最近のエクササイズブームの影響です。
若い女性を中心に手軽にエクササイズを行う人が増え、その種類は多様化してきています。
例えば、加圧トレーニング、エアロビクス、ピラティス、そしてヨガなど。ヨガは、海外でモデルやセレブが体幹トレーニングや姿勢矯正として取り入れられていたものが、日本に流行したという背景もあります。
本来ヨガは、インドから伝わってきたもので心の平静や落ち着きを目的としたものでしたが、その流行の中で、ヨガは痩せるという印象がついていきました。
そのため、ヨガインストラクターにおいても痩せているというイメージがついてしまいました。

ヨガインストラクターに求められていること

ヨガインストラクターには多くの資質とスキルが求められます。
単に、身体的な柔軟性や知識だけではなく、クライエントとの円滑なコミュニケーション能力、忍耐力、ストレス管理能力も必要です。
また、レッスンを行う中でクライエントの安全を守るために急な状況への対応力も求められます。
クライエントに寄り添いながら、個人の目的に合ったヨガの時間を効果的に提供することができるか、というのがヨガインストラクターに最も求められていることなのです。

内面の成長と健康を求める姿勢が大事

ヨガの大きな目的としては、自分を取り巻く環境から自分を解放し、悟りを得ることとされています。自分を解放するために、今の自分への理解を深める必要があります。
そのため、ヨガインストラクターにとって、最も大切なことは外見だけではなく内面の成長や健康への熱意が重要です。
ヨガは、身体の柔軟性や筋力を向上させるだけでなく、内面的な平静や調和を促進するためのエクササイズでもあります。
インストラクターは自らがヨガの哲学や精神的な側面を深く理解し、生徒にその恩恵を伝える役割を果たしましょう。
そのため、ヨガの内面的な成長や健康への志向が大いに求められることに繋がります。

様々なスタイルがあるため様々な体型のインストラクターが必要

ヨガは他のエクササイズと比較して、細かく種類が分かれていることが特徴です。
そのため、教え方や流派も多種多様で、選択肢は限りがないのです。ヨガのクラスにはいろいろな体型の人がそれぞれの目標、目的を持ってレッスンを受けにきます。
年齢や性別も違えば、その日の体調も人によって違います。
そのような人たちに一人一人寄り添いながら、レッスンを行うことがヨガインストラクターとって必要なことであり、その面においても様々な体型のインストラクターが必要と言えるのです。

ヨガインストラクターとして体型に関わらず成功を叶える方法

ここまで解説してきましたが、ヨガインストラクターの本質は体型ではありません。
ヨガインストラクターは、ヨガが好きという気持ちが最も大切です。
ヨガが多様性を持っているように、ヨガインストラクターとしてのキャリアを築くためには、人に合ったそれぞれの方法があります。
どのような体型でもヨガに挑戦することはできますが、何よりもヨガへの情熱を大切にし、ヨガインストラクターを目指してみることをおすすめです。
もちろん生活の中にヨガで採り入れることで内面も外見も美しくなることは間違いありません。

Yoga

まとめ

ヨガインストラクターとして体型がどこまで関係があるのかということについてお話してきました。
ヨガインストラクターには、体型以上にさらに重要なことが多くあります。
高い専門性と信頼性、常に自己研鑽をし続け、ヨガに対する情熱も必要といえるでしょう。そしてヨガの本質について適切に伝え続けていくことも大切です。

最終的には、ヨガインストラクターとして「自分が何を得たいのか、何を成し遂げたいのか」によって、最適な道は変わってきます。一歩一歩確実に進んでいきましょう。
この業界で成功する鍵は、常に自分自身を高め続けること、そして何よりもヨガという練習に対する真摯な姿勢です。

zen place

zen placeピラティス・ヨガメディア編集部

20年前からピラティス一筋、ピラティス専門で、世界中のピラティス指導者から学び続けているzen place。世界のピラティス業界のトップ指導者ラエル・イサコウィッツからBASIピラティスを学ぶ唯一の会社であり、世界のピラティスの標準を作っているBalanced Bodyのライセンスコースを提供している会社です。世界で一番最初に全米ヨガアライアンスを作った老舗のヨガ指導者養成スクールYogaWorksを運営しています。ピラティス・ヨガインストラクターや、これから目指す皆様に役立つ情報を提供していきます。

ENTRY応募は
こちらから