wellbeing

YOGA

ヨガインストラクターのための情報メディア

初めてのヨガインストラクター転職ガイド!キャリアを成功させる方法

ヨガインストラクターへの転職は、経験や年齢、資格に縛られず自由に始めることができます。
もちろん国家資格の取得も必要なく、ヨガを教えたいと思ったら誰でもインストラクターデビューができます。 働き方を自由に選択できる時代にマッチしているからこそヨガインストラクターを目指す人も多いのではないでしょうか。

その一方で転職に失敗する人も少なくはありません。

ヨガの世界では、教えるだけではなく、生徒さんに価値ある体験を届けることが大切です。そのためには、自分自身のケアや勉強を続けることが必要であり、 安定した収入を得るためにもヨガ以外の学びも必要になります。

結論、ヨガの良さを伝えることは、素晴らしい仕事です。
だからこそ、ヨガインストラクターとしてのキャリアを始めようとしている人に失敗してほしくないのです。

この記事では、ヨガインストラクターになる前に知っておくべき大切なポイントや、転職を成功させるための実用的なアドバイスを紹介します。 転職のいいところと大変なところをしっかり把握して、成功に向けた計画を立てましょう。これが、そのためのガイドブックになります!

初めてのヨガインストラクター転職ガイド!キャリアを成功させる方法

ヨガインストラクターの転職を目指すときに、やっておくといいこと

ヨガインストラクターという仕事は、決して簡単な環境ではないかもしれませんが、それでもやりがいのある職業です。
転職を前向きに考えている方に、始める前に是非行ってほしい重要な3つのことがあります。

求人情報を調査する

ヨガインストラクターとしての職に就くには、経験がなくても、あるいは特定の資格がない状況でも可能です。ただし、転職の現実は必ずしも単純ではありません。 地域や自分の希望により、職場環境は大きく異なることがあります。

多くの企業が職場の雰囲気や日々のスケジュールを公開していたり、実際の働き方をイメージがイメージできる内容を書いてくれてはいますが、 それだけで判断していくのは非常に危険です。

まずは、理想の働き方を見つけるため、自身の住むエリアや条件に合致する職場を調べてみたり、色々なスタイルのスタジオに通って実際にヨガを体験してみることが大切です。

求人に記載されている数字をただ追うのではなく、情報を丁寧に確認し見落としがないように、表面的なデータに流されず、実態を理解していきましょう。

ヨガインストラクターの資格を取得

ヨガインストラクターとしてのキャリアを築くためには、適切な資格を取得することが大きなアドバンテージになります。資格はあなたの専門性を示すだけでなく、 信頼性を高め、より多くの機会を引き寄せるための基盤となります。どの資格があなたのキャリア目標に最も適しているかを見極め、 資格取得のための学習リソースやコースを検討しましょう。継続的な学習と成長を通じて、ヨガインストラクターとしてのあなたの価値を高めることができます。
これらについては「ピラティス インストラクター資格の必要性と魅力」で詳しくお伝えしています。

副業としてヨガインストラクターを試してみる

ヨガインストラクターとしてデビューすると、ヨガについての理解がグンと深まり、自分自身の心とからだへの理解も一層深くなります。
実際に教えることで、自分の指導スタイルを確立し、どのような環境で教えることが自分に合っているかを理解することができます。また、 副業からフルタイムの転職へとスムーズに移行するための貴重な洞察を得ることができます。自分のスキルを活かしながら、安定した収入源を確保する方法を探り、 ヨガ指導者としての自信を育てていきましょう。

これらのステップを踏むことで、ヨガインストラクターとしてのあなたの道は、より明確で確固たるものになります。準備を整え、情報に基づいた選択を行うことで、 あなたのヨガインストラクターとしてのキャリアは、次なるレベルへと進化するでしょう。

ヨガ

ヨガインストラクター転職メリットとデメリット

ヨガのポーズが一人一人違うように、ヨガインストラクターへの転職も人それぞれで魅力と挑戦があります。ヨガインストラクターという職を選ぶことは、 多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも理解しておく必要があります。このセクションでは、 そのようなヨガインストラクターとしてのキャリアが持つ光と影について探ります。ヨガの教えを広める喜びや自己実現の旅路であると同時に、 実際に直面するかもしれない難しさや現実についても、正直に紹介していきましょう。

ヨガインストラクター転職の魅力

ヨガインストラクターとしてのキャリアに踏み出すことは、多くの魅力と同時に、いくつかの挑戦を伴います。
ヨガインストラクターとしての魅力は多くありますが、自分自身と他者のウェルネスへ貢献するという深い満足感を感じられることが1つあげられます。具体的には、 ただのポーズ指導を超え、心とからだの健康を通じて人々の生活にポジティブな影響を与えることにあります。 また、柔軟な勤務体系や自己表現の機会もヨガインストラクターとしてのキャリアを魅力的にしています。
ヨガインストラクターとしての転職は、多くの人にとって非常に魅力的なキャリアパスです。この情報が、ヨガインストラクターとしての道を歩むことを検討している方々にとって、 価値ある洞察となることを願っています。

ヨガインストラクターへ転職する際に抑えておくべき事実

ヨガインストラクターとインターネットとかで調べると、「大変」や「忙しい」というような内容がよく見られ、不安を感じている人も少なくないでしょう。
ヨガインストラクターとしてのキャリアに踏み出す前に知っておくべきことを4つお伝えします。

・信頼してもらえるクライエントが確約されるまでは収入が低いかもしれない。
・新たなスキル、知識は生まれ続けるため、学習を続ける必要がある。
・クライエントのスケジュールに寄り添いすぎてレッスンを組むと生活リズムが不規則になる恐れがある。
・レッスン以外にも仕事も多数存在する。

結局のところ、「大変」と感じるかは個人次第です。

最もマイナスな印象に繋がるのは、ヨガインストラクターになってから「思っていたのと違う」と悪い方向に感じてしまうことです。どのような仕事でも、 楽で簡単にお金を稼ぐことは難しいです。大切なことは、「大変さと達成感」を予め把握し想像しておくことです。そうすることでギャップを感じることが少なくなり、 本来なりたい理想のヨガインストラクターを目指していけるので、これから転職を考えている方は、今回の情報を参考にしてください。

未経験からでもヨガインストラクターへ転職ができる理由

ヨガインストラクターを目指せれる人は、ヨガの経験が豊かな人だけではありません。未経験からでも、この充実した職業に飛び込むことは可能です。 多くのヨガスタジオやスポーツジムに情熱を持ち、学ぶ意欲がある未経験者を歓迎しています。以降の内容に、 未経験者がヨガインストラクターとしてのキャリアをどのようにスタートさせることができるのか、その理由と方法について解説します。

国家資格不要・ヨガインストラクター資格も必須ではない

ヨガインストラクターとしての転職には、国家資格や特定の資格が必ずしも必要ではありません。ヨガの世界では、あなたの実力や情熱、指導する姿勢が最も重視されます。

ただ、多くのヨガスタジオやスポーツジムは指導歴や取得資格が重視される傾向にあります。

ヨガの指導歴や資格を持っているインストラクターであれば、スタジオ側もお客様側も安心してくれます。

これからヨガインストラクターを目指すなら、まず資格をとっておくとよいでしょう。

ヨガ

未経験者向け求人も多数存在している

未経験からでもヨガインストラクターになるチャンスはあります。
多くのヨガスタジオでは、社員として採用された場合、ヨガに関する研修を受けることができ、そこでヨガの基礎知識やレッスンのスキルを身につけることができます。
この研修期間中にも給料が支給されるので、資格取得にかかる費用を心配する必要はありません。

また、集客の心配もなくレッスンを行える環境が整っているため、経験を積み、スキルアップしたい方には特におすすめです。 ヨガインストラクターとしての技術を磨きたい方は、未経験からでもスタートできる会社への転職を検討してみてください。

年齢関係なく転職を成功させるポイント

ヨガインストラクターとしての転職は年齢を問わず、誰にでも開かれています。年齢に関係なくキャリアチェンジを成功させるためには、 「基礎からの学習」「継続的な自己研鑽」「柔軟な姿勢」「傾向とウェルネスへの配慮」が重要となります。
ヨガは新たなスキルやトレンドなどの入れ替わりが多い業界のため、ヨガの採用も大切ですが、学ぶ姿勢などが重要視されたりします。
よって、未経験や年齢を理由に転職を悩まれるのではなく、成功するための考え方などスタンスについて適した情報を収集しておきましょう。

これらのポイントを意識することで、年齢に関わらずヨガインストラクターとしてのキャリアを築いていくことができます。

まとめ

ヨガインストラクターとしての転職は、自己実現への道として、多くの魅力と可能性を秘めています。本記事を通じて、「自己分析の重要性」 「適切なトレーニングの必要性」「実践経験の積み重ね」「継続的な学びとネットワーキングの価値」を理解していただけたことでしょう。 ヨガインストラクターとしてのキャリアは、確かに挑戦が伴いますが、それを乗り越えた先には、個人的な成長と多大な充実感が待っています。 このガイドが、ヨガインストラクターへの転職を考えている皆さんの一助となり、新たなキャリアへの第一歩を踏み出す勇気を与えてくれれば幸いです。

zen place

zen placeピラティス・ヨガメディア編集部

20年前からピラティス一筋、ピラティス専門で、世界中のピラティス指導者から学び続けているzen place。世界のピラティス業界のトップ指導者ラエル・イサコウィッツからBASIピラティスを学ぶ唯一の会社であり、世界のピラティスの標準を作っているBalanced Bodyのライセンスコースを提供している会社です。世界で一番最初に全米ヨガアライアンスを作った老舗のヨガ指導者養成スクールYogaWorksを運営しています。ピラティス・ヨガインストラクターや、これから目指す皆様に役立つ情報を提供していきます。

ENTRY応募は
こちらから