wellbeing

YOGA

ヨガインストラクターのための情報メディア

ヨガインストラクターの現実とは?優位点と悩みを包み隠さず公開

この記事では、ヨガインストラクターとしての魅力と厳しさ、仕事の現実を探り解説していきます。 満足感のある側面と共に、直面する悩みや課題も率直にご紹介します。また、 悩みは紹介するだけでなくリカバリーできる情報として解決策も提示していきます。

ヨガインストラクターの現実とは?優位点と悩みを包み隠さず公開

ヨガインストラクターが抱える率直な不安は?

ヨガインストラクターとしてのキャリアを志すとき、「経済的に上手にやっていけるだろうか」「どうすれば収入が増えるだろうか?」 「クライエントと関係性を築けるだろうか?」と不安に感じる人はいると思います。この章では、そういった不安に対して、 ヨガインストラクターが収入を得る方法や、収益を最大化するヒント、そしてヨガ業界内での経済的な課題に焦点を当てながら解説していきます。

経済的側面の不安

フリーのヨガインストラクターとして活躍していく場合、ヨガのレッスンの平均的な金額は1レッスン1,000~3,000円ほどで、 平均年収は300万前後と言えます。レッスンにどれくらいの受講生がいるかによっても左右していくため、 安定した収入が必ずしも得られるとは限りません。また、どのようなスタジオでレッスンを行うかによっても変化していきます。 自宅にてレッスンを開催する場合は、費用はかかりませんが、スタジオを借りたり、必要なものがなく購入したりする場合は、 プラスで購入費や維持費がかかってきます。

経済面で課題を感じないために、収入を増やす方法

ヨガ業界は今盛り上がりを見せているため、周りとの差をつけることが収入を増やす鍵となります。 ヨガインストラクターには公的な資格がないので、資格がなくても仕事をすることが可能です。しかし、ヨガの資格がないわけではなく、 世界的に最も有名なヨガの資格として全米ヨガアライアンス(RYT200)と呼ばれる資格があります。資格を取得することで、 正確な知識に基づきながらクライエントのニーズに合ったレッスンを提供することができるため、クライエントからの信頼性も高まり、 結果クライエントの数の増加そして収入UPが見込めます。

ヨガ

顧客との関係性構築の難しさ

ヨガインストラクターにとって、クライエントとの深い関係性を築くことは非常に重要です。信頼性を築くためには、 ヨガインストラクターとしてヨガへの知識やヨガに対する熱意も重要ですが、自身のコミュニケーション力も必要です。 レッスン中のコミュニケーションはもちろんレッスン前後の会話を通して、お互いの人柄を理解することができクライエントに信頼感を与え、 ファンを獲得することへ繋がります。

ヨガインストラクターとしてコミュニケーション能力を向上させるポイント

コミュニケーション能力を向上させるポイントは大きく分けて5つです。
1. クライエントが迷うことなくヨガに取り組むためにクリアで分かりやすい表現の意識
2. 明るくポジティブな雰囲気が作れるジャスチャーを使いコミュニケーション
3. 一人一人の質問や悩みに対しても真摯に向き合う、個別のニーズへの対応
4. 感情や状態に寄り添い共感性を高める
5. クライエントの意見を受け入れる姿勢としての聞く力を養うこと

これら5つを意識することで、クライエントとのやり取りが自然と円滑にできるようになります。 もちろんインストラクターにも人それぞれの特徴に違いがあるため、各々得意なのコミュニケーションの取り方はあると思いますので、 あくまで一例として参考にしてください。

生活と体力のバランス

ヨガインストラクターとして活躍する際に、自己管理能力を備えることも成功の鍵と言えます。ヨガインストラクターの仕事は、常に自分を高め続けることが必要不可欠ですが、体力を失ってしまっては元も子もありません。自分自身の体力の維持や指導力の向上に取り組みながら、適切な休息やストレッチを取り入れ、身体と心のケアを忘れずに行うことが大切です。
また、インストラクターの仕事は不規則なスケジュールであることが多いです。柔軟性を持って、自分のスケジュールに合わせて生活スタイルを確立することが最適であると言えます。

プライベートと仕事を両立させるアドバイス

先ほども述べたように、ヨガインストラクターは不規則なスケジュールになる場合が多いため、自身のスケジュールを確立し、 その中でプライベートの活動や休息の時間を確保することが大切です。また、仕事とプライベートの活動に優先順位をつけ、 その時その時に重要なことに集中することが重要です。やるべきこと、やりたいことをリストアップしてみることも良いでしょう。

フリーランスで働くヨガインストラクターは集客面の課題がある

正社員としてヨガスタジオやスポーツジムで働く場合は、一定のクライエントがレッスンに参加するため、 特別何かをしてクライエントを集める必要がないかもしれません。フリーランスで働く場合はそうはいかず、 集客も自分自身で行う必要があります。しかし、フリーランスで働く際に、働き方によっては集客面への課題も少なく、 収入も上げることが可能です。その解決策について解説します。

集客の課題を解決する方法

近年では、SNSが普及しているため、まず、SNSを上手に活用することで集客の課題を解決することができます。SNSでの集客はお金もかからず気軽に始められる点がメリットで、面識がない人にも情報を拡散することができます。SNSを活用するデメリットとしては、自分のアカウントを多くの人に知ってもらわなければ集客に繋がらないことが挙げられますが、SNSを駆使することができれば大きな集客に繋がります。
次に、チラシの活用です。SNSの例とは違ってアナログではありますが、チラシを作成しスタジオ周辺のお店に置いてもらったり、掲示板に貼らせてもらったりすることで今までヨガに興味がなかった人や、ヨガをやってみたかった人に見てもらえる可能性が高まります。

ヨガインストラクターに向いている人の特徴

インストラクターに向いている人の10の特徴をご紹介します。
下記10個の特徴にいずれか当てはまるものはありますか?
1. ヨガに対して真摯な興味と熱量を持っている
2. 学び続ける姿勢と向上心がある
3. コミュニケーションが得意で、人との関わりを重視する
4. 責任感が強く、誠実に仕事をこなす
5. デジタルツール(スマートフォン,PC,SNS等)が好き
6. 他人に教えること、助けることに喜びを感じる
7. 身体的、精神的健康に対して高い意識を持っている
8. 柔軟性があり、新しい方法や考え方にも開かれている
9. グループ内でリーダーシップを取ることができる
10. エネルギーがあり、人々を鼓舞することができる

いずれかに該当した場合、あんたはヨガインストラクターに向いていると言えます。しかし、 どれにも当てはまらないからといって不安にならなくても大丈夫です。今当てはまらなくても、 これらインストラクターになっていく段階から身につけていけばいいのです。

充実したキャリアに気付くヨガインストラクターの共通点は?

成功したヨガインストラクターに共通している点はどのような点なのでしょうか。成功したヨガインストラクターについて調査をしてみると、 熱心な学習者であることや、常に自分自身を向上させるために努力をする努力家であること、 さらにはコミュニケーションスキルやマーケティング戦略を駆使して、クライエントとの信頼関係を築くことが得意であることが分かりました。 さらには、自己啓発や精神的な健康にも注力し、ヨガの哲学を実践し続ける忍耐力を備えており、 常にヨガとともに自身を成長していく姿が見られます。

負けず嫌いの姿勢

ヨガインストラクターにとって負けず嫌いの姿勢は成功への重要な要素です。なぜなら、常に自分を高め続けることができる力は、競争が高いヨガ業界では非常に大切であると言えるからです。しかし、大手のスタジオでチームの中の一人としてヨガインストラクターとして活躍する場合、チームワークを意識する必要があるので、個に偏りすぎないようにすると良いです。

ヨガ

自分の魅力を理解し表現する

ヨガインストラクターとして成功するためには、自分自身の魅力を理解し表現することが重要です。自分自身を深く知り、内面的な成長を促進することで、クライエントに魅力的でインスピレーションを与える存在となることができます。ヨガを通じて、自己啓発を追求し、その魅力を活かす方法の探求が成功の鍵です。

目標達成に向けたプロセスを冷静に組み立てられる

ヨガインストラクターとしての成功には、冷静な目標設定とその達成に向けた計画も必要です。自分のキャリアを着実に築くために、どのような目標を掲げ、それを達成するためのステップを計画的に進めることができるかが重要です。冷静な判断力と計画性を持ち、目標を実現するためのプロセスを構築していきましょう。

まとめ

ヨガインストラクターになるにあたって、収入や生活の面で不安に思うことが多くあるかもしれません。実際にヨガインストラクターの現実を詳しく見ても、様々な問題がありますが、それに対して解決策が必ず存在します。
「自分がどのようなヨガインストラクターを目指したいか」をじっくり考え、成功するためには何が足りないのか、どこを伸ばしたら良いか、と試行錯誤してみることが大切です。ヨガインストラクターになりたいという熱い情熱を持ちながら、常に自分自身を高め続けることが最も成功の秘訣と言えます。

zen place

zen placeピラティス・ヨガメディア編集部

20年前からピラティス一筋、ピラティス専門で、世界中のピラティス指導者から学び続けているzen place。世界のピラティス業界のトップ指導者ラエル・イサコウィッツからBASIピラティスを学ぶ唯一の会社であり、世界のピラティスの標準を作っているBalanced Bodyのライセンスコースを提供している会社です。世界で一番最初に全米ヨガアライアンスを作った老舗のヨガ指導者養成スクールYogaWorksを運営しています。ピラティス・ヨガインストラクターや、これから目指す皆様に役立つ情報を提供していきます。

ENTRY応募は
こちらから