インストラクターの仕事

株式会社ぜんのインストラクター(Wholebody Educator)という仕事は、
クライアントの前でポーズを見せ「先生のように教える仕事」とは少し違います。
  私たちは解剖学や生理学の分野から『身体』を科学的に学び、
一人ひとりの身体にあった動きや使い方を適切に導きます。 
  その結果、クライアントの皆様に「心地いい身体になれる」レッスンを受けていただくとともに、
日常生活を健やかに過ごせる心と身体を作り出し、
将来的に豊かな生活を送っていただくことが私たちの仕事です。

インストラクターとは

ぜんピラティスインストラクターとは
ピラティスインストラクターとは

ピラティスインストラクターはスタジオ等に来られる生徒(クライアント)に対し、安全で効果的なピラティスを指導する人を指します。十分なトレーニングを受けて身体の知識や身体を見て正確なポジションに誘導する技術を学び且つ、自身が練習を続けて体得したピラティスを伝える必要があります。
主流はマットピラティスのグループレッスンで45分から1時間、10人程度でエクササイズを行うことが多いです。一方、当社のような専門スタジオではグループレッスンと並行してプライベートレッスン(マンツーマン)を行います。グループレッスンとは異なり、一人一人の目的や身体の状態に合わせてプログラムを立てマンツーマンで指導を行うので、効果が現れるスピードが早く近年プライベートの需要が伸びています。

現在、当社で積極的に募集しているのは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(PT、OT、ST)の国家資格保持者やアスレティックトレーナー、他社で活躍中のピラティスインストラクターです。
働き方は正社員で働く方法、ご自身の生活に合わせフリーランス/業務委託で働く方法の大きく2パターンがあります。

ぜんヨガインストラクターとは
ヨガインストラクターとは

ヨガインストラクターは、ヨガスタジオやスポーツジムなどで生徒(クライアント)にヨガのポーズや呼吸法を指導する仕事です。自ら実演しアドバイスを行い、ヨガの魅力、効果や楽しさを分かりやすく伝えていきます。 また、生徒一人一人のレベルや年齢、体力等に応じたレッスンメニューを考えることも重要な仕事です。生徒が無理をして体調を崩したりケガをしないよう、レッスン中は常に気を配る必要があります。
主流はグループレッスンで60分から90分でレッスンを行うことが多いです。一方、当社のような専門スタジオではグループレッスンと並行してプライベートレッスン(マンツーマン)を行います。グループレッスンとは異なり、一人一人の目的や身体の状態に合わせてプログラムを立てマンツーマンで指導を行うので、効果が現れるスピードが早く、プライベートレッスンを好むクライアントが増加しております。
また、当社ではクライアントが「スタジオに来て良かった!」「居心地が良い!」と毎回感じるスタジオ作りを大事にしています。明るく積極的でコミュニケーション力がある方は、ヨガインストラクター未経験でも活躍の場がたくさんあります。

1日のスケジュール

中途入社の場合(早番例)

〜8:30 (勤務開始前に早く来て自己実践をしている日も♪)
8:30 出社
スタジオ開け作業、清掃、レッスンの準備
予約のあるクライアントチェック
午前中 グループレッスン1-2本
プライベートレッスン1-2本

(クライアントとのコミュニケーション)
14:00 ランチミーティング
15:00
-
17:30
プライベートレッスン1-2本
集客活動、遅番への引継ぎなど

(合間を見ながら自己実践や本読み)
17:30 勤務終了

正社員・中途
ENTRY

1日のスケジュール

新卒入社の場合(遅番例)

13:30 出社
早番からの引継ぎを聞く
14:00 ランチミーティング
15:00
-
17:00
ムーブメント研修や本部での理念研修に参加
17:00
-
19:00
集客活動、レッスン予約のあるクライアントのチェック
(合間を見ながら自己実践や本読み)
19:00
-
22:00
グループレッスン1-2本
プライベートレッスン1-2本

(クライアントとのコミュニケーション)
22:00
-
22:30
明日への引継ぎ、清掃、スタジオ締め作業
22:30 勤務終了、帰宅

正社員・新卒
ENTRY

インストラクターになるには

ぜんピラティスインストラクターになるには
ピラティスインストラクターになるには

ぜんがピラティスインストラクター教育で取り入れているメソッドは、創始者ピラティス氏が病弱な身体を鍛えるためにヨガをベースとし創られたメソッドです。ヨガ以外にもボクシング・体操などを積極的に取り入れながら、体を負傷している状態でもベッドの上で行う事ができるように考案されたより安全性の高いエクササイズです。もともとは、戦争で負傷した兵士達のために考え出されたリハビリテーションでした。ピラティス氏が、ドイツからアメリカに渡り、そこでダンサーや俳優の間で話題となり、スポーツ選手やセレブなどもスタジオに通うようになり、人気を確立する事になりました。  ピラティスインストラクターになるには、インストラクター養成コースを受講してから、フリーランス(外部講師、委託契約講師)としてフィットネスクラブやスタジオで働くのが一般的です。もしくは当社のように、未経験から入ってもらい研修しながらインストラクターを目指すという道も一部あります。  ピラティスは、ヨガとは異なり、独学・自己流のピラティスを指導されている方はほとんどいません。 ピラティスを効果的に学べるようにプログラムされたいくつかの団体が存在しその団体で開催されるマットピラティスと、機械や道具を使用したマシンピラティスの養成コースに参加します。

ぜんヨガインストラクターになるには
ヨガインストラクターになるには

インド発祥のヨガは日本でもすっかりお馴染みのものとなりましたが、まだ国内では公的な資格が存在していません。そのためこの仕事を目指す場合、まず民間のヨガインストラクター養成学校に通って必要なスキルを身につける人が多いです。その後は、ヨガスクールやスポーツジムで正社員もしくはフリーランス(業務委託)で働く方、自宅や公共施設で自分で教えるかたなど様々です。 ヨガインストラクターを職とするには、日々知識や技術を向上させる必要があるため、自分自身がヨガを好きであることも大切です。 当社ではヨガプラスにて正社員及びフリーランス(業務委託)で働く方法があります。

当社でインストラクターを目指すメリット

  • 世界で活躍できるプロフェッショナルになれる

    世界で活躍できるプロフェッショナルになれる 当社ではアメリカのカリフォルニアに本部があるBASI Pilates、YogaWorksブランドのライセンスを取得してスタジオ展開しております。これほど大規模にスタジオを展開している国は他にありません。また、在籍期間や評価に応じて、社内外の研修に参加した際の費用をサポートする研修サポート制度があります。そういう意味では、世界で活躍できるプロフェッショナルになるために、学び続けられキャリアアップし続けられる世界で唯一の場だと言えます。
    一番のやりがいはやはり「今まで歩けなかった方が歩けるようになった」、「病院では治せないと言われていた病が治った」などといったような「クライアントさんの生の感動を作り出す仕事」として、社会に貢献できる一流インストラクターを輩出しています。
  • ピラティス、ヨガ専門スタジオならではの「心の変容」、「瞑想効果」を提供している

    ピラティス、ヨガ専門スタジオならではの「心の変容」、「瞑想効果」を提供している 当社は繊細に動くことでインナーの身体意識を高める事を通して、脳に刺激を与え、脳や神経系の状態変化を伴う身体の変化を体感して頂くことを最も大事な使命としております。

    これによりいわゆる心と呼ばれる部分、感情のコントロールに使う脳やネガティブに反応しやすい脳などの活性度が高まったり、低まったりすることで、脳の変容に伴う心の変容の結果として、楽観的になる、チャレンジする気持ちになるなどが起きること、そしてこれらを通して心がオープンな状態になっていきます。 また、身体のインナーに意識を向け集中して動くことで、常に何かを考えている私たちの大脳の暴走を止めることができ、瞑想効果を引き起こします。結果、大脳が休まりマインドフルの状態を作り出すことが可能となります。
    さらに、こういった身体の状態を作っていくと自然と呼吸が深くなり、ピラティスやヨガをやっていない時にもマインドフルでいられるようになります。​

    これが、ピラティスやヨガの長期的な効果であり、私たちが提供していきたいことになります。
  • 多彩なキャリアアップの道がある

    スタジオの店長やエリアリーダー、研修リーダーとして活躍することができたり、アスリートやマタニティ、シニアなどの専門性を高める機会など様々なキャリアアップの道があります。
  • インセンティブ制度

    成果が給与に反映されるインセンティブ制度を用意しています。

エントリーについて